プラネスーペリア北新横浜の
価値を検証

駅徒歩3分マンションの
供給割合を検証

2011年以降に供給された神奈川県
新規分譲マンション中
最寄り駅から3分以内の
マンションはわずか18.8%

駅徒歩3分マンションの供給割合を検証

対象期間:発売が2011年1月~2021年11月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲の範囲内 データ資料:MRC・2021年12月号 作成2022.01.06 (有)エム・アール・シー

駅徒歩3分マンションの
資産性を検証

マンション資産性の目安となる
「リセールバリュー」。
神奈川県の築10年の
価格維持率を見ると、
最寄り駅に近いほど
リセールバリューが
高い傾向があります。

神奈川県 築10年中古マンション最寄駅からの所要時間別リセールバリュー

駅徒歩3分マンションの資産性を検証

※2011年1月~2011年12月に新規分譲され、2021年1月~2021年12月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出 ※専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外 データ資料:MRC・2021年12月号 作成2022.01.06 (有)エム・アール・シー

ターミナル駅徒歩圏の
利便性を検証

 現在JR東海道新幹線、JR横浜線、横浜市営地下鉄ブルーラインの3路線が運行している「新横浜」駅。2022年度には東急新線、相鉄新線が開通となる事で、東京メトロ(南北線・副都心線)や都営三田線など計6社局11路線※が利用できるビッグターミナル駅へと進化します。

駅徒歩3分マンションの資産性を検証
JR「新横浜」駅【徒歩14分/約1,120m】

 さらに2027年には、開業予定のリニア中央新幹線「神奈川県」駅(仮称)へもJR横浜線でダイレクトアクセス。よりアクティブなライフスタイルが実現します。

駅徒歩3分マンションの資産性を検証
Image Photo

※相模鉄道株式会社:相鉄本線・相鉄いずみ野線・相鉄新横浜線※1、東急電鉄株式会社:東横線・目黒線・東急新横浜線、東京地下鉄株式会社:南北線・副都心線、東京都交通局:三田線、埼玉高速鉄道株式会社:埼玉スタジアム線、東武鉄道株式会社:東武東上線
※1:相鉄新横浜線は、一部開業(西谷駅~羽沢横浜国大駅)しております。
出典:東急電鉄HP2022年1月27日ニュースリリースより

TOP