注意すべきポイントを総ざらい!マンションでペットと暮らす

愛らしい表情を見せてくれるペットは、心にゆとりや喜びを与えてくれる大切な存在。
きっと充実した日々を過ごせるようになるでしょう。
今回は、マンション暮らしの方が新たな家族としてペットを迎え入れるのに、注意すべき点をご紹介します。

PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱

ペット可のマンションですか?

まず、マンションの管理規約や使用細則でペット可とされていることが大前提です。ペットに関することは、一般にペット飼育細則と呼ばれるルール集が存在してます。今住んでいるマンションがペット可かどうかわからないときは、マンション管理者に問い合わせましょう。

編集部が複数の住宅情報サイトで調べたところ、東京都内でペット可の賃貸マンションは約16%でした。ただ新築分譲マンションでは半数の50%を超えており、ペット可物件は年々増加傾向にあります。

なお、ペット飼育細則ではペットの飼育について細かなルールが設けられています。一般には、次のようなものを挙げるところが多いようです。

  • ペットの飼育を希望する場合は管理者に申請書を届け出る
  • ペットは犬、猫、小鳥で、それ以外は認めない(観賞魚除く)
  • ベランダやバルコニーなどの共有部分では飼育しない
  • ペットが共有部分を汚損・破壊した場合は費用全額を負担する

このほかペットの数や成長時の大きさ・体重が制限されていることもあります。
実際には、住まわれているマンションのペット飼育細則をご参照ください。

マンション向きペットの第一候補は、ネコ!

マンションでは、どのようなペットがいいのか?
都内で最大級の店舗数を誇るペットの専門店コジマの担当者に聞きました。
「ネコちゃんは、全般的にマンション等の集合住宅での飼育に向いている動物です」
ポイントは、こちら。

鳴き声で周囲の住民に迷惑をかけない
「集合住宅でペットと暮らす場合、気になるのはこの点です。ネコちゃんはワンちゃんに比べ鳴き声も小さく、無駄吠えなどの問題行動もないため、室内環境をきちんと充実させてあげればその点の心配は軽減できます」
散歩がいらない
「ネコちゃんはどの子も行動範囲が決まっており、お散歩に出してあげる必要性がありません。生活のほとんどを室内だけで過ごすため、お忙しいご家族やなかなか毎日のお散歩などに連れ出すことが難しい環境の方にも向いています」

また、小さなときから一緒に過ごすことで飼い主様にもよく懐き、可愛らしい一面をたくさん見せてくれるようになります。

オススメのネコちゃん

  • ブリティッシュショートヘアー
    かわいらしいまんまるとした顔と、ふかふかの毛が特徴。比較的穏やかな性格で独立心も強く、飼い主に手間を掛けない。
  • アメリカンショートヘアー
    トップクラスの人気を誇るネコ。しっぽは長く、短毛。明るく賢い性格で、トラブルを起こすことは少ない。
  • ノルウェージャンフォレストキャット
    長毛でゴージャスな体毛が魅力的で、やや大きめの体に成長する。性格は大らかでやさしく、人や他のネコとも友好的。
  • ラグドール
    ぬいぐるみを意味する言葉から名付けられたネコ。毛はミディアムロングで、顔や手足などに斑が入るのが特徴。落ち着きがあり、あまり鳴かない。
  • ペルシャ
    豊かでふさふさとした長毛に覆われたネコ。穏やかで、見た目も性格も優雅。大きな声で鳴くことはほとんどない。

ネコちゃんを飼うならここに注意!

ネコちゃんを飼育するには、次の2点に気をつけましょう。

❶ 爪とぎ

ネコちゃんは、壁や絨毯などで爪をとぐ習性があります。壁紙が傷んでしまうと、退去時に修繕費を払わなければならないことに……。
「爪とぎは小さい時期からトレーニング環境を整えることで、十分防ぐことができます」

❷ ニオイ

自分の縄張りであることを示すため、尿をかけてマーキングするスプレー行為も習性のひとつ。たびたびやられると、非常に強いニオイが残ってしまい、周囲の迷惑となるケースも。
「ネコちゃんの興味を他のものに向かせてあげたり、しつけグッズの使用や去勢避妊手術を施したりすることで、シーズン期間中の行動を落ち着かせるという選択肢もあります」

ワンちゃんを飼うなら、しつけをしっかりと!

もちろん、マンションではワンちゃんの飼育がダメということはありません。
ポイントとなるのは、こちら。

  • 無駄吠えが少なく性格がおとなしい
  • 自立心が強く飼い主不在時も落ち着いている

「こちらに当てはまる犬種を候補にしていただくのがいいでしょう。ただしワンちゃんに関しては、飼い主様によるしつけの部分が非常に重要です。しつけ教室などを利用し、小さい頃から社会性を養うことや、鳴き声に対するしつけを行うことで、マンション等の集合住宅で起きる可能性のあるトラブルを避けることができるかと思います」

オススメのワンちゃん

  • シー・ズー
    長毛の豊かなダブルコートが魅力。遊び好きである一方大らかな面も持ち、人やほかの犬にも友好的。
  • パグ
    しわくちゃの顔に大きな目、低くつぶれた鼻、ガチッとした体系が愛らしいワンちゃん。性格は明るくて良い子。マイペースでもある。
  • ペキニーズ
    ずんぐりとした、獅子のような体系とボリューム感のある体毛。独立心が高く、ネコのような性格といわれることも。

ネコちゃん・ワンちゃん以外のペットは?

  • インコ
    防音対策が必須!「種類によっては鳴き声が周囲への騒音となってしまうことがあります。インコの鳴き声はしつけで対処できる場合が少ないため、飼い主様ご自身で防音対策等をしていただくことが必要です」
  • ハムスター/うさぎ
    消臭対策が大事!「比較的鳴き声や騒音等の問題もなく、マンション等の集合住宅でも飼育しやすいペットです。ただし糞尿等のニオイでトラブルが起こる可能性はあるため、普段からこまめに掃除をして清潔を保つことや、消臭グッズを使用する等、飼い主様の飼育する上での意識が大切です」

ペットショップの選び方

これから家族になるペットと出会わせてくれるペットショップは、次のようなところを探しましょう。

自宅に近い
飼育していくうちに、ちょっとした相談や困りごとの相談が発生するもの。気軽に行えるよう、距離的に近いほうがベターです。
信頼がおける
信頼がおけそうか、見極めも大事。ショップの衛生状態や店員の知識量、対応の仕方などから、大切なペットをそこから迎えてもいいのか、判断しましょう。

「ペットを迎え入れる前に、今後15年以上一緒に過ごすということを、ぜひ想像してください。生活環境の変化は必ず起こるものですが、それでも育てることができるのかどうか。ご家族全員が同意しているのか。また、ペットの幼い姿だけでなく、成長した姿を見ても愛せるのか。そうした視点が、ペットと幸せな暮らしを送るのにとても大切なこととなります」

取材協力

ペットの専門店 コジマ

子犬・子猫をはじめ、多彩なペットたちを提供しているペットの専門店。関東を中心に全国47店舗(2019年2月現在)を展開し、動物病院、トリミング、ペットホテル、ペットトレーニングなどを運営。ペットオーナーとペットのトータルサポートをしている。
https://pets-kojima.com/