home >有益情報

豊かなセカンドライフへ

相続の基礎知識

相続対策なんて関係ない!という方もぜひ考えてください。相続税の対象とならない水準の相続額であっても、被相続人が複数であれば、財産の分割は必要となります。もし相続財産のほとんどが土地や家屋である場合は、少々厄介です。住み慣れた土地家屋を売り払って現金化して分け合うというのは現実的ではない場合がほとんどで、兄弟姉妹が争うというケースも多発しています。現に遺産分割調停件数は年間8000件を超えています。

相続で留意すべきポイントは大きく分けて以下の3つです。
① 納税資金対策(流動性のある現金などが準備できる)
② 相続税軽減対策(支払う相続税自体を軽減する)
③ 遺産分割対策(被相続人が争わないよう事前に分割方法を決める)
以上の対策を講じるために「保険への加入」はきわめて効果的です。

生命保険を活用することのメリット

  • 被保険者が死亡した場合、死亡保険金受取人が保険会社に保険金請求することで、速やかに保険金(現金)が受け取れますので、納税資金を現金で準備でき、また被相続人への分割が容易に実現できます(被相続人Aには不動産で、Bには現金で分割するなどが可能)。
  • 生命保険には非課税枠(被相続人1名につき500万円)が設けられており、相続財産評価額を軽減する効果があります。
  • 保険契約時に死亡保険金受取人をあらかじめ指定できますので、円滑な遺産分割が可能です。

「自身の相続についてしっかりと方針を定めておくことは、家族への思いやりの証である」といわれています。あなたも一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

<税制>
本記載は、2013年6月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。また、個別の取扱につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。 

  • 資料請求 資料をご希望の方はこちらからお申し込みください。
  • お問い合わせ お問い合わせの方はこちらから

大林新星和不動産の保険(団体)

大林新星和不動産の保険

有益情報

このページのトップへ