home >有益情報

豊かなセカンドライフへ

ひとごとではありません・・・介護の実態

クイズ:田原総一郎、大沢逸見、橋幸夫、島田洋七、生島ヒロシ、荒木久美子・・・この人たちの共通点は何でしょう?

正解:親や配偶者の介護を経験した人たちです。

あなたの回りに介護でご苦労されている方はいらっしゃいますか。介護は自分自身で経験しなければ、その大変さはわからないといわれています。 あなたのご両親も介護状態になっても不思議ではありません。またあなたご自身が将来介護状態にならないという保障はありません。

日本人の平均寿命は男79.94歳、女86.41歳、60歳の平均余命は男22.93年、女28.33年(厚労省平成24年簡易生命表)です。
昭和22年の調査では、男50.06歳、女53.96歳と、織田信長が謡った通り「人間50年天下のうちを・・・」でしたが、今や老後は、「余命」というにはあまりにも長い年月となりました。 しかし、残念ながら、全員が健康で天寿を全うするというわけではありません。 「要介護状態となって命を永らえる」というケースは少なくないのです。

具体的な数字を挙げますと・・・
次の表のとおり、70-74歳で6.3%、75-79歳で14%、80-84歳で29.7%、85歳以上では59.5%の方が、要介護認定者となっており、その人数は約576万人に達しています。

kaigo_fig01.png

また、介護期間は10~15年間程度が多く、その間の精神的・肉体的・経済的な負担は計り知れません。

豊かなセカンドライフを計画の中で、「介護」にどのように対応していくのかも大きな課題のひとつです。

  • 資料請求 資料をご希望の方はこちらからお申し込みください。
  • お問い合わせ お問い合わせの方はこちらから

大林新星和不動産の保険(団体)

大林新星和不動産の保険

有益情報

このページのトップへ