home >有益情報

豊かなセカンドライフへ

年金はいくらもらえる?

ゆとりあるセカンドライフの支えとして、公的年金、退職金、企業年金、などがありますが、まず公的年金について考えてみましょう。
あなたの公的年金は、いつからいくら位もらえるのでしょうか。

支給開始年齢は、あなたの生年月日によって決まります。
生年月日が昭和36年4月2日以降の方は、残念ながら65歳が支給開始年齢となり、60歳~64歳までは、公的年金の支給はありません。 生年月日が昭和36年4月1日以前の方は、生年月日に応じて段階的に支給されます。 例):昭和29年5月1日生まれの方→61歳から部分年金(報酬比例部分相当の老齢厚生年金)が支給され、65歳からは満額の老齢厚生年金と老齢基礎年金の合計が支給されます。

下記の表は、50歳時の税込月収を60万円(税込年収換算936万円)として、厚生年金の受給総額の目安を示しています。

表でお分かりのように、実際のケースでは、最初にご主人の年金受け取りがスタートし、何年か経って奥様の年金受け取りがスタートし(奥様が年下の場合ですが)、やがてご主人が亡くなり、奥様が遺族年金を受け取る・・・という変遷をたどることになります。

豊かなセカンドライフを手に入れるためには、早い時期から準備をすることが必要ですが、そのためにはまず「自分は公的年金をいつからいくらもらえるか」を具体的な金額で把握することから始まります。
ご自身の手帳に具体的な金額を書き留めておくと、今後の検討に際し何かと便利です。

<社会保障制度>
本記載は、社会保障制度の概要を説明したものです。詳細につきましては、所轄の年金事務所等にお問い合わせください。 

  • 資料請求 資料をご希望の方はこちらからお申し込みください。
  • お問い合わせ お問い合わせの方はこちらから

大林新星和不動産の保険(団体)

大林新星和不動産の保険

有益情報

このページのトップへ