home >有益情報

結婚・子育て

万一世帯主が死亡したら・・・・・

浅田次郎の小説「椿山課長の七日間」を、読まれた方も多いと思います。働き盛りの46歳で突然死した椿山課長は、家族に別れを告げるために、美女の身体を借りて七日間だけ「現世」に舞い戻ります。人と人の縁、親子の絆など、生きていた時には気づかなかったことに椿山課長は感動します。笑いあり涙ありの娯楽作品です。

考えたくないことですが、考えてください。
椿山課長は他人事ではないかもしれません。
もしあなた(一家の大黒柱)が死亡した場合のことを・・・

小説「椿山課長の・・・」ではあまり触れられていませんが、切実な問題はやはり残された家族の行く末です。
とりわけ、「経済的に困らない」ことが絶対条件ではないでしょうか。

あなたの死後、残された家族にはいったいどれくらいのお金が必要なのでしょうか。
以下はその具体的なシミュレーションです。

setainusi_fig01.png

遺族の生活費等は、サラリーマンの場合は遺族年金や企業保障などである程度まで保障されますが、それだけでは不十分なのが実情のようです。この不足分は生命保険の追加契約等で準備しておく必要があります。
何より、いつまでも元気で働き、家族と楽しい満たされた日々を送ることができるよう、健康に留意することが肝心です。
ただし、万一の備えは抜かりないようしっかりと準備しておきましょう。

  • 資料請求 資料をご希望の方はこちらからお申し込みください。
  • お問い合わせ お問い合わせの方はこちらから

大林新星和不動産の保険(団体)

大林新星和不動産の保険

有益情報

このページのトップへ