1950~60年代

1970年代

1980年代

1990年代

2000年代

2000年代

2010年代

2010年代

2010年代

2010年代

1950~60年代

浪速土地株式会社・
日本不動産株式会社として創業

大林新星和不動産の前身である「大林不動産」と「新星和不動産」の創業会社が設立。住宅事業・賃貸事業を中心に管理業や鑑定業他、不動産業を営む。

1970年代

阪急日生ニュータウン、
日生鈴蘭台ニュータウン 発売

日本経済の拡大に伴い、社会的課題となっていた住宅不足を解消するため各地で宅地開発が行われる。
当社では「日生鈴蘭台ニュータウン(兵庫県神戸市北区)」や「阪急日生ニュータウン(兵庫県猪名川町・川西市)」などの大型ニュータウンに代表される住宅開発事業に着手し、全国100ヶ所以上で街づくりの実績を積み上げる。
計画的にニュータウン運営を行う中で、地域の特徴を生かし自然なコミュニケーション生まれる街づくりの理念を創生。現在の住まいづくりの起源となっている。

1980年代

北神星和台 発売

新たに「北神星和台」のニュータウン事業に着手。既に販売開始されている「日生鈴蘭台ニュータウン」と「阪急日生ニュータウン」を合わせて3つの大型ニュータウン運営を行う。

販売が進む中、街並みが形成され各方面で高い評価を受け、兵庫県「みどりのまちなみ賞」や建設省「手づくり郷土賞」等の表彰を受ける。

また、住宅の質への要望が高まる中、注文建築事業を発足。個々の家族が快適に過ごせる住まいづくりを行う。

1990年代

プラネスーペリア 誕生

価値ある住まい、価値ある街づくりを目指す中、マンションハイグレードブランド「プラネスーペリア」シリーズの販売が始まる。優れた住環境と利便性を兼ね備え、世代を越え受け継がれる確かな価値あるマンションの提供を目指す。

2000年代

プラネシーン 誕生

ニュータウン開発が進み、成熟した住宅地として各方面より高い評価を受ける街が完成。兵庫県「人間サイズのまちづくり賞」などを受賞し長年運営してきたニュータウン開発が一つの形となる。
2004年にはニュータウン開発で積み上げた経験を生かすため、新築一戸建てブランド「プラネシーン」シリーズを販売。地域と調和した街並みが特徴の一戸建てづくりに着手した。
また、マンション分譲では「グッドデザイン賞」や「ハウジングデザイン賞」等を受賞し住まいづくりの実績を着実に進める。

プラネシーン 誕生

ニュータウン開発が進み、成熟した住宅地として各方面より高い評価を受ける街が完成。兵庫県「人間サイズのまちづくり賞」などを受賞し長年運営してきたニュータウン開発が一つの形となる。
2004年にはニュータウン開発で積み上げた経験を生かすため、新築一戸建てブランド「プラネシーン」シリーズを販売。地域と調和した街並みが特徴の一戸建てづくりに着手した。
また、マンション分譲では「グッドデザイン賞」や「ハウジングデザイン賞」等を受賞し住まいづくりの実績を着実に進める。

2010年代

2社合併により
「大林新星和不動産株式会社」誕生

「大林不動産」と「新星和不動産」が合併し、「大林新星和不動産」が新たに誕生。

分譲マンション「プラネスーペリア」シリーズ、新築一戸建てブランド「プラネシーン」シリーズを継続的に展開。

大林組グループのデベロッパーとして、お客様の夢を叶える住まいづくりを推進中。

2社合併により
「大林新星和不動産株式会社」誕生

「大林不動産」と「新星和不動産」が合併し、「大林新星和不動産」が新たに誕生。

分譲マンション「プラネスーペリア」シリーズ、新築一戸建てブランド「プラネシーン」シリーズを継続的に展開。

大林組グループのデベロッパーとして、お客様の夢を叶える住まいづくりを推進中。