年末年始 二日酔い対策

クリスマスに忘年会・新年会……。お酒を飲む機会が増えるシーズンです。楽しいお酒は日常生活に潤いを与えてくれますが、悪酔いや二日酔いになってしまったら気分は最悪ですね。そこで今回は、悪酔いや二日酔いを避けるための簡単なコツをお伝えします。
PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱

どうして悪酔いや二日酔いになるの? どうして悪酔いや二日酔いになるの?

お酒を飲むと、アルコールが腸などから吸収されて、血液に溶け込みます。この血液中のアルコールが脳を麻痺させるのが「酔う」という症状です。一方、血液中のアルコールは肝臓で分解されますが、その過程で「アセトアルデヒド」という毒性の強い物質が発生します。アセトアルデヒドも最終的には分解されるのですが、体のもつ分解能力を超えるほど、短時間にたくさんのアルコールを摂取すると、その毒性により「悪酔い」状態になります。また、アセトアルデヒドに加えて、脱水症状や低血糖、脳の神経への影響などから気分の悪い状態が翌日も続くのが「二日酔い」です。

一番簡単な方法は「いつでもチェイサー」 一番簡単な方法は「いつでもチェイサー」

悪酔いや二日酔いを防ぐためのポイントは、体内のアルコールの濃度(血中アルコール濃度)を急速に高め過ぎないことです。そのために、いちばん簡単な方法は、水を飲むこと。「乾杯!」の前に、まずコップ1杯の水を飲んでおきましょう。また、お酒を飲んでいる間も、お酒と水を交互に飲むのがベスト。ウイスキーなどの強いお酒を飲むときに「チェイサー」と呼ばれる水を一緒に飲むことがあります。このチェイサーを、ビールの時も、ワインの時も、いつでも飲むようにすればいいのです。これなら手軽に実行できますね。

お腹に入れておいた方がいいものは? お腹に入れておいた方がいいものは?

「一気飲み」が体に悪く、厳禁なのはご存知ですよね。急速に大量のアルコールを採れば、体の処理が追いつかなくなり、ダメージが生じるのは当然です。また、空腹も、アルコールの吸収を良くするので、同じようにNGです。逆に言うと、体がゆっくりとアルコールを処理できるようにしてあげれば、悪酔いしにくくなるということです。そこで、お酒を飲む前に、消化に時間のかかる食べ物を少しお腹に入れておくのが吉。たんぱく質や脂肪は消化吸収が遅いので、肉やチーズ、ナッツ類など、たんぱく質と脂肪の多い食品を食べておくと良いようです。オリーブオイルやバターをたっぷり塗ったパンを食べておくのも効果的でしょう。

最初の一皿にはトマトサラダがイチオシ! 最初の一皿にはトマトサラダがイチオシ!

悪酔いを防ぐ効果が注目されているのがトマト。トマトには、血中アルコール濃度を下げ、アルコールの分解を速める効果があるという研究結果があります。そこで、オリーブオイルベースのドレッシングをかけたトマトサラダなら、脂肪によってアルコールの吸収を遅らせる効果もあり、最高ですね。ぜひ最初に一皿にチョイスしてください。チェイサーとして、水の代わりに、トマトジュースを飲むのも効果抜群です。

意外!?悪酔いに関するウソ、ホント 意外!?悪酔いに関するウソ、ホント

いろいろな種類のお酒を交互に飲む、いわゆる「ちゃんぽん」をすると悪酔いするという話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、ちゃんぽん自体には、特に悪い影響はないのです。ちゃんぽんそのものが悪いというより、いろいろな味のお酒を飲むことで、飲み過ぎになりやすいということが真相のようです。また、日本酒の冷酒は酔いやすいという説もありますが、これも根拠はありません。冷たいお酒は口当たりがよく、飲み過ぎてしまいやすいためにこう言われるようになったのでしょう。同じ量を飲めば、冷や酒でも燗酒でも、同じように酔います。

それでも二日酔いになってしまったら? それでも二日酔いになってしまったら?

どんな対策をとっても、飲み過ぎれば二日酔いになることは間違いありません。もし、うっかり飲み過ぎてしまったときは、水分と糖質の補給がもっとも重要。ぴったりなのは、糖質が含まれ、吸収が早いスポーツドリンクです。ただし「カロリーゼロ」のものは、糖質が含まれていないため、避けましょう。スポーツドリンクが嫌いな人なら、はちみつと塩を水に溶かして飲めば、同じような効果が得られます。