PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱
スッキリと晴れた秋空の下、家族や友だちが集まって、ワイワイとおしゃべりしながら、飲んだり食べたり……。バーベキューは、ちょっとした非日常の気分が手軽に楽しめるレジャーです。
今回は、バーベキューを簡単、手軽に楽しむためのポイントを伝授。さっそく今度の週末に、バーベキューに出かけてみてはいかが?

バーベキューが劇的に楽になる! 3種の神器

バーベキューと言えば、お肉を中心に、炭火で焼いた豪快で香ばしい料理ですね。炭火で焼いたお肉はとっても美味しいものですが、「炭火をおこすのが大変」「上手く焼けない」「炭の後片付けが面倒」といったお悩みも生じがち。でも、そんな悩みは簡単に解決できます!

  • ラピットチムニースターター
    (炭起こし)

    バーベキュー初心者が最初に苦労するのが「炭火起こし」。素早い炭火おこしのためには熟練の技術が必要だと思われがちですが、実はこの炭火おこし専用の「ラピットチムニースターター」があれば、新聞紙1枚で安定した炭火が完成! 今まで使わなかったのが損だった思えるくらい便利な道具です。
  • 水鉄砲
    (火加減)

    焼き肉屋さんで、お肉を焼いているとき、脂で炎が上がってしまい、店員さんに氷などを入れてもらったことはありませんか。バーベキューでも同じように炎が上がってしまうことがありますが、そういうときに活躍するのが「水鉄砲」。これがちょうどよい水加減で炎を調整できるのです。さらに、「水鉄砲係」を子どもにまかせれば、役割を与えられた子どもたちも大喜びです。
  • 火消し壺
    (片付け)

    炭は、燃え尽きるまでに時間がかかります。水をかけて消えたと思っても、実はまだ内部が燃え続けていることも。炭を火消し壺に入れて蓋をすると、燃焼に必要な酸素がなくなるため、完全に消火できます。また、燃え残りの炭を土中に埋めたりするのはマナー違反。壺に入れたまま持ち帰るのが基本です。

楽ちんバーベキューのコツ

  • 下調べ&下準備で、現地の手間が格段に減る!

    野菜なら、家で皮むきやカット、肉なら、次に紹介する調味料で下味をつけておくといった下準備を済ませて、タッパーに入れて持っていけば、現地では、焼いて食べるだけ。ゴミを持ち帰る手間も省けて一石二鳥です。
  • 専用のソースやラブを使えば簡単

    バーベキューは、野外で行う「焼き肉」ではありません。専用のソースやラブ(調味料)を使えば、焼き肉とは違った、本場のバーベキューの味が簡単に楽しめます。専用調味料を使って、炭火で焼けば、ある程度安い肉でもとっても美味しくなります!
  • 完全に手ぶらで楽しめるバーベキュースポットも増えている

    道具から、食材、お酒など、すべてが用意されており、「手ぶら」で、しかも本格的なバーベキューが楽しめるスポットも増えています。「下準備も面倒」という方でも、こういったスポットなら、バーベキューの楽しさを満喫できます。中には、スタッフの人が手伝ってくれるスポットもあるので、まったくの初心者でも安心です。ただし、予約が必要なところも多いので事前に確認をお忘れなく。

    CAFE;HOUSE GARDEN BBQ(東京)
    都会の農園バーベキューテラス(東京)
    舞洲スポーツアイランド オーチャードグラス(大阪)

バーベキューはパーティ!人が主役

バーベキューに対して、「準備が大変そう」「炭で料理って難しくない?」といったイメージを持っている人も多いかもしれませんね。あるいは逆に、「炭火おこしなら俺に任せろ」という“BBQ奉行”の人がいるかもしれません。でも、ちょっと待って!バーベキューは欧米生まれ。人が集まって食事をしながら会話を楽しむパーティ文化の中で生まれたものです。そう、パーティで一番大切なのは、楽しい会話!わたしたちは、「炭火で焼いたお肉を野外で食べること」がバーベキューだと思ってしまいがちですが、一番大切なのは、集まった人たちが笑顔で楽しむコミュニケーション!そのためには、“苦行”のような無駄な苦労は一切不要。なるべく簡単、手軽を追求して、おいしいところだけを楽しみましょう

取材協力

下城民夫さん 日本バーベキュー協会会長

下城民夫さん
日本バーベキュー協会会長

日本のバーベキュー文化の向上を目指し、日本バーベキュー協会を設立。ちょっとした工夫でバーベキューをより手軽に楽しめる『スマートバーベキュー』を提唱している。著書『バーベキューマスターが教える おいしいバーベキューの教科書』(ネコ・パブリッシング)など。

日本バーベキュー協会

日本初のバーベキュー関連資格「バーベキュー検定試験」を設立。スマートバーベキューの理念の普及と、キャンプ場やイベント会場や飲食施設などで、バーベキューのプロとして指導にあたれる人材の育成を目指している。

http://www.jbbqa.org/