PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱
寝苦しい夜を快適に!夏の快眠術/今年の夏も暑い!連日の暑さで寝苦しい夜を過ごしている方も多いことでしょう。寝不足が続くと、夏バテやさまざまな心身の不調の原因ともなります。そこで今回は、寝苦しい夏の夜を少しでも快適に眠るための、睡眠術をご紹介。ぐっすり眠って、夏を健やかに乗り切りましょう!寝苦しい夜を快適に!夏の快眠術/今年の夏も暑い!連日の暑さで寝苦しい夜を過ごしている方も多いことでしょう。寝不足が続くと、夏バテやさまざまな心身の不調の原因ともなります。そこで今回は、寝苦しい夏の夜を少しでも快適に眠るための、睡眠術をご紹介。ぐっすり眠って、夏を健やかに乗り切りましょう!

そもそも、なんで夏は寝苦しいの?

人間の体温は1日のうちでも変動しており、眠くなるにつれて体温が下がり、熟睡するとさらに下がっていきます。ところが、夏の夜は温度が高いことに加えて、湿度も高いことが多いため、汗が蒸発しにくく、体温が下がりにくいのです。これが、夏の「寝苦しさ」の正体です。
この寝苦しさを解消するには、まず気温を予想し、それに応じた対策を講じましょう。
対策には、大きくわけて①室温のコントロール、②お布団による体温調整、③その他のコツの3つがあります。

まずは今晩の気温を予想

一口に夏と言っても、日によって気温はまちまち。
そこで「熱中症予報計」といったスマホアプリや、Webサイトの「快眠予報」などで、今晩の気温、湿度をチェック。エリアごとに、今夜の寝苦しさの予想を表示してくれます。

①予想気温に応じたエアコン設定のワザ①予想気温に応じたエアコン設定のワザ

一般的に、室温が28度程度を超えると、寝苦しさが強くなるようです。そこで、夜の予想気温が28度を超える日は、一晩中エアコンをつけて、室温を28度以下にキープすると快適です。

ただし、眠りはじめは体温が高く汗をかくので、就寝1時間くらい前からエアコンを低めの温度に設定し、いったん室温を25度くらいまで下げておくのがコツ。そして、就寝中は27~8度程度を保つように設定します。

また、夜間の予想最高気温がそこまで高くならない日は、入眠時だけ室温を下げておき、入眠後にエアコンがオフになるようにセットしておくとよいでしょう。

なお、上記はあくまで目安です。体質や家屋の断熱性などによっても変わりますので、ご自分にあった快適温度を探してみてください。

②寝具は熱と湿気を逃がすものを②寝具は熱と湿気を逃がすものを

寝苦しさの大きな原因は、背中と布団が密着することで生じる蒸れ感。この蒸れが夜中に目覚めてしまう原因ともなります。これを解決するには、通気性がよく汗と熱を逃がす敷きパッドやシーツを使うのが一番です。

また、手軽な方法として、シーツの下にダンボールや100均で売っているシーグラスマット(バスマットなど)を敷くことでも、蒸れを防ぐことができます。

  • 立体のメッシュ構造で通気性に優れる敷きパッド。ただし、中綿がポリエステルのものは熱が逃げくいのでおすすめできません。

  • 昔からあるい草のシーツもひんやりした感触で、かつ通気性抜群です。竹や麻の天然素材シーツもおすすめできます。

  • 掛布にはタオルケットを使う方が多いですが、それより軽くて通気性の良い「ガーゼケット」の方がより快適でしょう。

①抱き枕で蒸れを解消①抱き枕で蒸れを解消

背中の蒸れを防ぐ意外と簡単な方法が、布団と密着する面積が少なくなる「横向き」で寝ること。さらにその際、抱き枕があると、脇の下やひざの間にもすき間ができて通気性が良くなり体圧も分散されるので、とても快適に眠れます。

抱き枕を選ぶ際は、あまり大きすぎ(太すぎ)ないものにしましょう。足が開きすぎると眠りにくくなります。また、使っていない薄手の掛け布団や毛布を折って紐で縛れば簡単に自作可能です。

  • 長さが調整できる抱き枕。夏は長く、冬は短くして布団に収まるようにと調整できます。

こういった方法で工夫しても、どうしても眠れない日もあるかもしれません。そういうときは、短時間の昼寝で、夜の睡眠不足を補うことがお勧めです。午後3時くらいまでに、20分以内の短い昼寝をすることで、体力も精神力もぐっと回復しますよ。こういった方法で工夫しても、どうしても眠れない日もあるかもしれません。そういうときは、短時間の昼寝で、夜の睡眠不足を補うことがお勧めです。午後3時くらいまでに、20分以内の短い昼寝をすることで、体力も精神力もぐっと回復しますよ。

取材協力:三橋美穂

三橋美穂(みはし・みほ)

快眠セラピスト、睡眠環境プランナー。
寝具メーカーの研究開発部長を経て2003年に独立。著書は、ベストセラーになった『快眠セラピー』(KKベストセラーズ)など多数。
最新刊『驚くほど眠りの質がよくなる睡眠メソッド100』(かんき出版)。

ホームページ:http://sleepeace.com/

・発売中・