PLANETLIFE

春は出会いと別れの季節。卒業式、入学式、就職、引っ越しなどイベントが多く、
写真を撮る機会も増えるのではないでしょうか。
今回は、簡単かつおしゃれに仕上がる基本とコツをご紹介します。
出産、旅行、ペットを飼い始めたときなど、さまざまな家族の思い出を記録しましょう。

1980年代にアメリカで発祥したと言われる、写真を美しくレイアウトしてアルバムを作るクラフトです。カラフルな文字やイラストを書き込んだり、シールなどを貼り付けたりして写真を演出します。その時を思い出しながら手を加えていくことで物語性が生まれ、鮮明に記憶を残すことができます。

データで残すだけでなく、プリントしてアルバムに貼ると、ひときわ記憶に残るもの。

お気に入りの写真を用意して、
さあスクラップブッキングを始めましょう!

材料・道具
写真:複数枚
ペーパー(模様入りのものがおすすめ)
スクラップブッキング用台紙(アルバムにとじる際に必要)
スクラップブッキング用アルバム
切る道具:ハサミやカッターなど
書く道具:ペン、マーカー、色鉛筆など
貼る道具:両面テープ、テープ型のりなど
飾る道具:シール、ダイカットなど

ポイント

長く保存することも、スクラップブッキングの重要な目的のひとつ。
アシッドフリー(酸を含まない)タイプののりや、ピグメント(顔料)インクの筆記用具、酸性紙ではない紙を使うと、写真の劣化や文字の色あせを防ぎ、きれいな状態が長持ちします。

作り方

基本は4ステップ。難しく考えず、楽しみましょう。

ストーリーを考えながら、ページを構成する写真を選びます。

人物だけでなく、風景や小物の写真も入れると、いつどこで撮ったものかわかりやすく、メリハリも出ます。

目立たせたいものを楕円形や円形に切り抜いて中央に配置すればより印象的に仕上がります。

写真を大まかに置いて位置を決めたら、ペーパーに貼り付けていきます。飾りを貼ったり、文字を書き込むスペースを取っておくことを忘れずに。

注目させたい写真やコメントは、ページの右上にレイアウトすると、目が止まりやすく効果的!

写真を貼ったら、シールなどでデコレーションを。
貼り終わったら、ペーパーごと台紙に貼り付けましょう。

写真を撮ったときに感じたことなど、コメントを書き込みます。アルバムの読み手に語りかけるように書いてみましょう。書き間違いをしたときは、上からステッカーを貼ったり、イラストに書き換えてしまえば大丈夫!

何度見返しても楽しいアルバムができましたね。友達や家族と一緒に囲めば、会話も弾むことでしょう。
見た人の顔や反応を思い浮かべながら作ると、作る過程もより面白く感じるはず。
楽しみながら、思い出のページやアルバムをどんどん増やしていきましょう。

▶スクラップブッキングに関する取材・撮影協力

フォトアルバムPROJECT 京都・高槻支部 shine*
村上彩子さん

「クリエイティブメモリーズ」公認アルバムアドバイザー。スクラップブッキングによるアルバム作りの楽しさ、写真を撮ったときの感動や思いを、アルバムで伝えられることの素晴らしさを大切にしたアドバイスを行う。京都市内一円と高槻市で、体験教室、小さな子どもと一緒に参加できる出張ワークショップなどを開催。
http://ameblo.jp/shine-crop/