枕は、横になったときに布団と頭・首の間にある隙間を埋めて、自然なカーブを保つための寝具。個人に合わせて選ぶことが大切です。
クッションは座るときの快適さをサポートするインテリア雑貨。視界に入る機会が多く見た目も大事な要素です。
枕は「機能重視」で、クッションは「デザイン重視」で選んでみるとよいでしょう。

気軽に買い替えたり、増やしたりできるクッションは、
手軽に楽しめるインテリア雑貨のひとつです。
近年人気を集めているクッションを紹介します。

大きなクッションと組み合わせたレイア
ウトがおすすめ。目を引くロゴ入りのもの
がトレンドです。

花や動物などの形にかたどられたクッショ
ンです。かわいらしいものが多くアクセン
トとなるため、人気があります。

マッサージチェアほど高価ではなく、
テレビを見ながらなど気軽にマッサージ
が楽しめます。

体を預けることができる大きめのものが
人気です。一人用のソファとして使用でき、
持ち運びが可能な点が支持されていま
す。

来客時の補助的な椅子として、上部が平らな
ものはトレーなどを乗せて簡易テーブルとし
て、何かと便利に使えるのがメリットです。

スタイリング・フォト 土谷尚子さん

冬のインテリアは暗めの印象になりがち。
カラーやアイテムで軽やかな要素を取り入れてみましょう。

ポイントカラーはブルー。海や空などを連想させ、落ち着いた気持ちになる効果があり、リラックスに
おすすめの色です。夏によく使われる色ですが、今回は明るめのブルーで冬にはちょっと新鮮な雰囲気
に仕上げています。

少しだけイエローをミックス。麻生地のナチュ
ラルなミニクッションには、イエローや淡いブ
ルーの動物モチーフのアップリケが。かわいい
柄になりやすいモチーフをちょっと大人っぽく
演出しています。

トレンドカラーをベースに、ポイントに赤が
入ったチェック柄のスローをプラス。膝や肩に
かけてリビングで暖かく過ごせるマストアイ
テムです。

枕を見直したりクッションを変えるなどこだわりのアイテムを揃えれば、
リラックスタイムがより充実します。
お気に入りのアイテムと一緒に、新居でゆったりと過ごしましょう。

枕に関する情報提供・監修
株式会社 京都八田屋
代表

八田道明さん

日本睡眠環境学会会員、睡眠環境コーディネーター、認定睡眠指導士、睡眠環境診断士などの資格を有する、寝具のプロフェッショナル。快眠のためのアイテムを幅広く揃える店舗では、カウンセリング、計測、実際に家庭で使っている寝具に近い状態でのフィッティングにより作製する、オーダーメイド枕を手がけています。
京都八田屋
ホームページ:http://www.hachidaya.co.jp/

クッションに関するコメントと
コーディネート
株式会社ビケンコーポレーション
代表取締役

ライフスタイリスト
土谷尚子さん

1968年大阪出身。プランニング力、マネージメント力、情報収集力を生かしたライフスタイルコンサルティングを通じて、「自分らしい住まいを手に入れたい」という夢の実現をサポートしています。
株式会社ビケンコーポレーション
ホームページ:http://bikencorp.jimdo.com/