PLANETLIFE

9cmのポリポットに培土を入れ、指で種をまく穴を
4~5つあけて、1粒ずつまいたら土をかぶせ、水を
やる。

大体1週間程度で発芽。生育の良い芽を3本残して
間引く。

本葉が2~3枚になったら2本、本葉が4~5枚になっ
たら1本残して間引き、12cmポットに植え替える。

コンテナの底に鉢底ネットを敷き、水はけと根腐れ防止のため鉢底石を深さ
2~3cm程度敷く。さらに培養土を入れる。

苗はやや浅く植える。
プランターの土の表面より苗の
土部分が少し上に出るくらいの
高さが目安。
深さを確認したら、ポットから
そっと苗を取り出して植える。
ポットを付けたまま実際に植え
て高さを確かめると分かりやす
い。

周りの土を苗に寄せ、倒れな
いように植え付けたら、土の
表面をおさえて水やりをする。
倒れないように仮の支柱を立
てて支えておく。

ピーマンは根が浅く、枝も細いの
で早めに支柱立てをする。長さ
90cmほどの支柱3本を、土の上
15cm位の高さで交差させてひもで
しばる。
ひもを8の字にしながら茎を支柱
に添わせる。

最初に二股に分かれた
所より下のわき芽は早
めに取り除く。
2つ目の枝分かれから先
の4本をメインの枝とし
て伸ばしていく。

苗を植えてから収穫できるまで約1ヵ月
(普通のピーマンは約20日)。
実がたくさんついていると株が疲れてし
まうので、早めに収穫します。収穫の目
安は、実の長さが10cm(普通のピーマン
は7~8cm)。 次々に実ができるので、
2~3週間に1回ずつ肥料を軽く1握り足す。

ピ-マンは緑黄色野菜として高い栄養価を持ちますが、
独特の臭いや苦味があり、「子どもの嫌いな野菜」ランキ
ングで常にランクインしており、苦手な子どもが多い野菜
です。そこで、ピーマン嫌いな子どもをなくし、食卓を豊
かにしてほしいという思いを込め、約10年の研究の末誕生
したのが、苦くないピーマン『こどもピ-マン』です。
食べやすいだけでなく、一般的なピーマンに比べてビタミ
ンCやカロテンが豊富に含まれており、健康にうれしいピ
ーマンです。