日常+アルファなKaica的ライフスタイルを提唱★災害時、あなたの備えは大丈夫??

地震、津波、洪水、土砂災害、、、
災害といってもいろいろありますが、
まさか自分が!?まさか我が家が!?
と思っている方もすくなくないのでは?
9月1日は防災の日。もう一度確認、見直し、要チェック!
いざという時の為に備えましょう。

check 1 災害時の持ち出し用品の準備と日頃の習慣

■ 非常持ち出し品避難するときに持ち出す最小限の必需品です。 【 男性】・・・15キロ 【女性】・・・10キロ

基本セット:小さなお子様や ご高齢の方がいるご家庭にも 最適な30点非常持ち出し避難セット 【
  • 携帯電話充電
  •   ダイナモ多機能ライト
  • 緊急用呼子笛(IDカード付き)
  • 災害備蓄用5年保存水
  •  (500ml×4本)
  • レジャーシート
  • 5年保存カンパン(110g×3)
  • 軍手
  • 食品加熱袋/加熱剤
  • 非常用ローソク/マッチ
  • 非常用簡易トイレ(×3袋)
  • 布ガムテープ
  • アルミブランケット
  • レインコート
  • アルコール除菌ジェル
  • カイロ(×2)
  • 万能アウトドアナイフ
  • 三角巾
  • エアーまくら
  • 乾電池(×4)
  • アイマスク/耳栓
  • マスク
  • スリッパ
  • 救急ポーチ
  •   救急ばんそうこう×6
  •   カット綿×6 テープ
  •   ピルケース 綿棒×10
  •   ウェットティッシュ
  • 非常用給水袋
  • 緊急時連絡シート
  • 水のいらないシャンプー
  • 防災アドバイスブック

貴重品

  • 現金
  • 預貯金通帳
  • 印鑑
  • 免許証
  • 健康保険証
  • など
  • ※すぐに持ち出せるように
  •  しておきましょう。

生活用品

  • 衣類
  •  (下着、上着、靴下など)
  • タオル
  • ティッシュペーパー
  • 雨具
  • ビニール袋
  • 生理用品、おむつなど
  • 包帯
  • 常備薬
  • 底の厚い靴
  • など

非常食品

  • 缶詰
  • 栄養補助食品
  •  (調理せずに食べられるもの)
  • 水筒
  • プラスチックや紙の皿
  •  コップ、割りばし
  • 缶切り、栓抜き
  • 乳幼児、高齢者、
  •  病人向けの食糧
  •  (必要に応じて用意)
  • など

その他

  • 筆記用具
  • 携帯ラジオ
  • 懐中電灯
  •  (できれば、1人にひとつ)
  • 予備電池(多めに用意)
  • 日常生活に欠かせないもの
  •  (眼鏡、補聴器の予備など)
  • 家族の写真(はぐれた時用)
  • 地図
  • 家族、知人の連絡先
  • など

■ 日頃から習慣化すれば、いざという時に役立つ2つのポイント。

お風呂に水を貯めておこう

災害時、安全が確保された後は真っ先に困るのがトイレ。断水した場合にはトイレの水が流れません。飲み水は確保していたとしても、生活用水までは確保しておけないもの。そこで、毎日のお風呂の水を次の日に抜くようにしましょう。お風呂掃除の前に抜いて、掃除後に半分ほど溜めておきましょう。お風呂に水が溜まっていれば、いざという時トイレの流す水や洗濯等に使えます。

腰より下に重いものや割れ物を、
軽くて割れないものは腰より上に収納

地震発生時、重いものが上から落ちてケガしないように、できるだけ重いものは下に収納しましょう。食器棚の多くは、腰より上に陶器やグラスが収納されていることが多いのですが、腰から上の戸棚の部分には、なるべく軽く、破損の危険がないものを収納するようにしましょう。重い土鍋や割れやすい食器やグラスは下の段。キッチンツール、乾物類や調味料、ビニール袋やスポンジなどの軽い備品類は上の段。扉が開いて落ちてきても、割れて散乱する危険性がないものを腰より上の棚や吊り戸棚に収納するようにしましょう。

nextpage

#