テラス・バルコニーのライティング。ひとてまでくつろげる夜の空間づくり

夏の夜にカクテルやビールを一杯、とっても美味しい瞬間です。そこにちょっと灯りの工夫をして、テラスやバルコニーで寛いでみましょう。ライティングの演出で、お洒落なカフェやバールの雰囲気に。ひとりでも、ふたりでも、きっと心地よく過ごせる空間が誕生します★

ポイント

夜のライティングのポイント

夜は暗いから落ち着いた雰囲気が楽しめます。
全体を明るくせず、暗い中にポッと
明るいスポットを何か所かつくります。

ライティングの場所

空間全体を照らす照明でなく、
手元・足元・コーナーなどに配置し、
さりげなくまわりにあるものを綺麗に見せる演出をします。

屋外ライティングの種類

ライティングの種類

実際に設置してみましょう。

テーブルの上

グラスやお料理が美しく見え、優しいイメージでまわりを仄かに照らす光源として、キャンドルがよいでしょう。ゆらゆらと揺れる炎は夜の演出にぴったりです。屋外の風を考慮すると、深いガラスの容器やランタンが向いています。

テーブルの上のイメージ

(上)写真はガラスのキャンドルホルダー
(下)写真はホワイトオイル使用のランタン

足元・コーナー

直接光だけが目に飛び込んでくるのでなく、他のアイテムとセットで設置するとより自然です。写真のように高低差をつけたり、葉の陰がわかる位置に置いたりという工夫を。発熱の少ないLEDのスタンドライトが向いています。

足元・コーナーに設置したイメージ

写真は太陽光電池式
LEDスタンド

足元・コーナー

さりげなく高い位置に光源を配置する方法として、植栽にコード式の多灯器具を巻き付けるのも素敵です。発熱の少ないLEDを用います。土の中にソーラパネルを差し込める太陽光電池式のものもあって便利です。

植栽のライティング演出

写真は太陽光電池式
LED/ロングコード付多灯照明

暑いからこそ、夜のアウトドアが気持ちよかったり、飲み物が美味しかったり★ 帰宅してからの夏の夜の時間、少しの工夫で楽しんで過ごしましょう!

#