インテリアコーディネイター星すみかが日常で出会う素敵な空間を日記形式でご紹介

星すみかプロフィール

子育て時期の収納特

子供が成長していくにつれ、家の中には子供用品が占めるスペースが増えていきます。
年々物が増え、収納に困るなんて事も・・・
今回はそんなお悩みを解消すべく、子育て時期の収納について考えましょう。

子育て時期に収納が増えるものBEST3 1位 子供服 2位 おもちゃ 3位 本・アルバム

*

収納計画Check Point!

1. 割り切る事が大切![子供のグッズは消耗品★]

何年かの場所代と経費を考えれば無駄が多い
長期保管!子供の成長を喜びながら、
使えない物には思い切ってサヨナラしましょう。

2. スペースルールを決めましょう![収納の場所・期間を厳守★]

子供用品の収納場所を決め、それ以上
増やさない決心を。1年置いて使わない
洋服・おもちゃは処分しましょう。

3. 処分の方法を決めましょう![リサイクルと処分に分類★]

まだ使えるならリサイクルは早くした方が
相手に喜ばれます。充分お世話になって
傷んだものは、ありがとうと処分しましょう!

実際に収納の方法を考えてみましょう

1位 子供服 オープンにしてわかりやすく!バッグや帽子も吊って選びやす

子供服収納イメージ01

大切なことは、一年分の衣服を同じ場所に置くことです。こうすることで、次の季節の衣服を買う際に見直しが簡単にできて無駄がありません。長袖・半袖・シャツ・ブラウス・ジーンズ・パンツ・スカートなど種類別に、小さくたたんで一目でわかるように並べます。

子供服収納イメージ02

バッグや帽子はこんなスタンドに掛けたり、壁に吊るすと省スペースで効率的です。子供が自分で服やグッズを簡単に取り出せ選べるようにしておくことは、将来のファッションセンスを磨くことにもつながります★

*

2位 おもちゃ 簡単に出し入れできる高さと形に!子供が片付けを嫌にならないように

おもちゃ服収納イメージ01

大きめのかごは軽くおもちゃをどんどん放り込めるので子供のおもちゃ入れに向いています。よく使われる半透明のプラスチック容器は、中の色がごちゃごちゃとして見た目がまとまらない上に、ふたや引出しのあるものは子供が扱いにくいので、向いていません。

おもちゃ服収納イメージ02

小さな子供は決まった形に片付けるのが苦手で、それを注意されると片付けが嫌いになってしまいます。自由に運べるよう床に近い位置にいくつかかごを並べておき、好きな時におもちゃを使えるようにして、片付けができたら褒めてあげましょう。

*

3位 本・アルバム 見せる収納で壁面にディスプレイ!作ろう★

本・アルバム収納イメージ01

絵本やアルバムは壁面に収納を兼ねたファミリーライブラリーを設置して飾ると、いつでも取り出して楽しむことができます。子供のいる家庭の明るく元気なイメージを演出するインテリアとしても素敵です。

本・アルバム収納イメージ02

家族の集まる場所やいつも目にする玄関横などにはギャラリーコーナーを作ってはいかがでしょう。家族の日常や大切な想い出に心が癒されたり、懐かしい話題で盛り上がったり、家族のコミュニケーションの増進にき っと役立つことでしょう。

*

ピンやビスで壁に簡単に取付けられるこんな棚を使うと、右の写真のようなコーナー
を自分で作ることも可能です。インテリア的センスもGood!!

子供が成長していく家には、喜びや楽しさがいっぱいです!収納計画やギャラリーコーナーの設置でもっと快適になるよう、今回の内容を参考に考えてみていただければ幸いです。ちょっとした工夫で、子育ての家をもっと楽しく盛り上げましょ

*

次回は、ギャラリーコーナーに飾る想い出写真にまつわるご提案です。プロカメラマン伝授 「家族の日常を撮ろう!」 お楽しみに!!