ナチュラル洗剤で、やさしくてシンプルなお掃除を

「セスキ」や「過炭酸ナトリウム」といった以前はあまり見かけなかった洗剤を、ここ2~3年はスーパーなどでよく見かけるようになりました。
これらは、従来の合成洗剤とはタイプが異なり、自然界にもともとある素材を使ったナチュラル洗剤です。今年も大掃除のシーズンが近づいてきましたが、この機会に身体や環境にやさしいナチュラル洗剤を取り入れてみてはいかがでしょうか。

PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱

「やさしくてシンプル」が、ナチュラル洗剤の特徴「やさしくてシンプル」が、ナチュラル洗剤の特徴

化学的な合成で作られる合成洗剤と違って、ナチュラル洗剤は、自然界に存在する素材を使った洗剤で、
次のようなメリットがあります。

  • 人やペットにやさしい

    ナチュラル洗剤の代表である「重曹」や「クエン酸」は、もともとは食用品であるため、合成洗剤とくらべて、人体への悪影響があまりありません。掃除や洗濯後に食器や衣服に成分が残っていても安心です。また、お子さんが誤って口にしてしまったり、ペットが舐めてしまったりしても大きな害はありません。

  • 環境にやさしい

    ナチュラル洗剤は、自然に分解されやすいので、環境への負荷が少ない洗剤です。

  • 掃除がシンプル

    ナチュラル洗剤は、汚れのタイプに応じて、アルカリ性、酸性、中性(アルコール)を使い分けるだけで、食器用、風呂場用、トイレ用、窓用……、などと細かく分かれていないのでシンプルです。さらに、多少洗い残しがあっても気にしなくていいので、すすぎやふき取りが簡単になるのもメリットです。

ナチュラル洗剤が汚れを落とすしくみナチュラル洗剤が汚れを落とすしくみ

水溶液(ものを水に溶かした液)の性質には、「酸性」と「アルカリ性」という、反対の性質があることは学校で習いました。酸性とアルカリ性の中間が「中性」です。汚れにも、酸性の汚れとアルカリ性の汚れがあります。そして、酸性の汚れはアルカリ性の洗剤で分解でき、アルカリ性の汚れは酸性の洗剤で分解できます。これが、ナチュラル洗剤の基本的なしくみです。

家の中の汚れは、8割くらいが酸性
  • 酸性の汚れ:食品から出る油汚れや食べこぼし、私たちの身体から出る皮脂やあかなどの油やたんぱく質
  • アルカリ性の汚れ:キッチンの水あか、お風呂場の石けんかす、トイレのアンモニアなど
  • 中性の汚れ:ほこりなど

家の中の汚れは8割くらいが酸性の汚れですので、
ナチュラル洗剤はアルカリ性のものを主に使います。

汚れに応じて使い分けよう!ナチュラル洗剤の種類と特徴汚れに応じて使い分けよう!ナチュラル洗剤の種類と特徴

よく使われるナチュラル洗剤をご紹介します。
それぞれ向き不向きがありますので、汚れの種類や用途に応じて使い分けることがポイントです。

重曹 セスキ炭酸ソーダ 過炭酸ナトリウム クエン酸
食品としても使われる安全性の高さで、毎日のお掃除に気軽にさっと使えます。 重曹よりも洗浄力が高く、最近一番人気のナチュラル洗剤。 汚れ落とし効果に加えて、除菌・漂白効果もあります。 酸の効果でアルカリの汚れを落とします。
特徴
  • ・弱アルカリ性。
  • ・食品素材としても使われるもので、安全性が高く、広い範囲で使えます。
  • ・重曹水は二度拭きが不要で手軽に使えます
  • ・弱アルカリ性ですが、重曹よりはアルカリ度が強くその分汚れを落とす力も強くなります。
  • ・セスキ炭酸ソーダよりもさらにアルカリ度が高く、高い洗浄力があります。
  • ・除菌、漂白作用があります。
  • ・「酸素系漂白剤」という名前で売られていることが多いです。
  • ・酸性
  • ・アルカリ性の汚れを分解します。
  • ・軽い除菌作用もあります。
  • ・食酢のような匂いがありません。
向いている
汚れなど
  • ・フローリングやテーブル拭き、窓拭きに。
  • ・粉末のまま使うとクレンザーのような研磨効果があり、こびりついた油汚れや茶渋を落とせます。
  • ・生ごみに振りかけると消臭効果もあります(粉末を置いておくだけでは、効果はありません)
  • ・コンロ周りや換気扇などの油汚れに。
  • ・手すりやテーブルなどにこびりついた手あか汚れに。
  • ・衣服についた血液、汗、手あかなどのたんぱく質汚れに。
  • ・軽い汚れなら、洗濯にも使えます。
  • ・つけ置きして、衣類や食器などの漂白に(色柄物にも使えます)
  • ・洗濯機の洗濯槽や排水口などのぬめり取りに。
  • ・浴槽洗いに。
  • ・シンクの蛇口周り、電気ポット、食洗器などにつく水垢落としに。
  • ・お風呂場の椅子や桶に白くこびりつく石けんかすに。
  • ・トイレの匂いの元となるアンモニアを分解するので、トイレ掃除に。
  • ・重曹水と混ぜると発泡する効果を利用してパイプ掃除に。
使い方と注意点
  • ・40度くらいのお湯1カップに、小さじ2分の1の重曹を入れて溶かして重曹水にします。これ以上濃くしても効果は変わりません。また、水には溶けにくいので必ずお湯で溶かします。
  • ・重曹水は日持ちしないので、1日で使い切りれる量を用意すること。
  • ・粉末のまま使う場合、傷がつくので柔らかい素材には使えません。
  • ・畳、白木、土壁、アルミ素材などに使うと変色します。
  • ・1カップの水に小さじ2分の1ののセスキ炭酸ソーダを溶かして使います。
  • ・畳、白木、土壁、アルミ素材などに使うと変色します。
  • ・刺激は弱いですが、特に敏感肌の方や手荒れをしている方は手袋を使う方が無難です。
  • ・草木染など色落ちしやすい繊維や、ウール、絹などには使えません。
  • ・ステンレス以外の金属は黒ずみができます。
  • ・目や口に入ったらすぐに水で洗い流します。
  • ・アルカリ度が高いため、手袋を使うのがベターです。
  • ・水1カップに対して小さじ2分の1のクエン酸を溶かして使います。溶かした水は2、3週間で使い切ること。
  • ・金属(特にアルミ)や大理石を傷めるので、それらの素材には使用しないこと。
  • ・塩素系の漂白剤(ハイターなど)と混ぜると有毒ガスを発生します。絶対に混ぜないように特に注意してください。
重曹

食品としても使われる安全性の高さで、毎日のお掃除に気軽にさっと使えます。

特徴

  • ・弱アルカリ性。
  • ・食品素材としても使われるもので、安全性が高く、広い範囲で使えます。
  • ・重曹水は二度拭きが不要で手軽に使えます

向いている汚れなど

  • ・フローリングやテーブル拭き、窓拭きに。
  • ・粉末のまま使うとクレンザーのような研磨効果があり、こびりついた油汚れや茶渋を落とせます。
  • ・生ごみに振りかけると消臭効果もあります(粉末を置いておくだけでは、効果はありません)

使い方と注意点

  • ・40度くらいのお湯1カップに、小さじ2分の1の重曹を入れて溶かして重曹水にします。これ以上濃くしても効果は変わりません。また、水には溶けにくいので必ずお湯で溶かします。
  • ・重曹水は日持ちしないので、1日で使い切りれる量を用意すること。
  • ・粉末のまま使う場合、傷がつくので柔らかい素材には使えません。
  • ・畳、白木、土壁、アルミ素材などに使うと変色します。
セスキ炭酸ソーダ

重曹よりも洗浄力が高く、最近一番人気のナチュラル洗剤。

特徴

  • ・弱アルカリ性ですが、重曹よりはアルカリ度が強くその分汚れを落とす力も強くなります。

向いている汚れなど

  • ・コンロ周りや換気扇などの油汚れに。
  • ・手すりやテーブルなどにこびりついた手あか汚れに。
  • ・衣服についた血液、汗、手あかなどのたんぱく質汚れに。
  • ・軽い汚れなら、洗濯にも使えます。

使い方と注意点

  • ・1カップの水に小さじ2分の1ののセスキ炭酸ソーダを溶かして使います。
  • ・畳、白木、土壁、アルミ素材などに使うと変色します。
  • ・刺激は弱いですが、特に敏感肌の方や手荒れをしている方は手袋を使う方が無難です。
過炭酸ナトリウム

汚れ落とし効果に加えて、除菌・漂白効果もあります。

特徴

  • ・セスキ炭酸ソーダよりもさらにアルカリ度が高く、高い洗浄力があります。
  • ・除菌、漂白作用があります。
  • ・「酸素系漂白剤」という名前で売られていることが多いです。

向いている汚れなど

  • ・つけ置きして、衣類や食器などの漂白に(色柄物にも使えます)
  • ・洗濯機の洗濯槽や排水口などのぬめり取りに。
  • ・浴槽洗いに。

使い方と注意点

  • ・草木染など色落ちしやすい繊維や、ウール、絹などには使えません。
  • ・ステンレス以外の金属は黒ずみができます。
  • ・目や口に入ったらすぐに水で洗い流します。
  • ・アルカリ度が高いため、手袋を使うのがベターです。
クエン酸

酸の効果でアルカリの汚れを落とします。

特徴

  • ・酸性
  • ・アルカリ性の汚れを分解します。
  • ・軽い除菌作用もあります。
  • ・食酢のような匂いがありません。

向いている汚れなど

  • ・シンクの蛇口周り、電気ポット、食洗器などにつく水垢落としに。
  • ・お風呂場の椅子や桶に白くこびりつく石けんかすに。
  • ・トイレの匂いの元となるアンモニアを分解するので、トイレ掃除に。
  • ・重曹水と混ぜると発泡する効果を利用してパイプ掃除に。

使い方と注意点

  • ・水1カップに対して小さじ2分の1のクエン酸を溶かして使います。溶かした水は2、3週間で使い切ること。
  • ・金属(特にアルミ)や大理石を傷めるので、それらの素材には使用しないこと。
  • ・塩素系の漂白剤(ハイターなど)と混ぜると有毒ガスを発生します。絶対に混ぜないように特に注意してください。

他には、こんなナチュラル洗剤も他には、こんなナチュラル洗剤も

  • アルコール

    アルコールは油を溶かす作用があります。水と違って乾きやすいので、カビやすい押し入れや靴箱などの掃除に向いています。また除菌効果もあるので、冷蔵庫の中の掃除などにも適しています。

    使い方は、薬局で売っている「消毒用アルコール」を、水で2倍~2.5倍程度に薄めて、雑巾などに染み込ませてふき取ればOK。なお、燃料用アルコールは有毒なので、必ず消毒用アルコールを使うよう気を付けてください。

  • 純石鹸

    石鹸の中でも、「純石鹸」はナチュラル洗剤で、脂肪酸ナトリウム(カリウム)と書かれています。洗浄力は上記のナチュラル洗剤の中では強力です。

講師:本橋ひろえさん

ナチュラルクリーニング講師。大学では理学部で化学を専攻。その後、メーカーに勤務。自らの子育て経験などから、人に優しいナチュラル洗剤の有効性に気付く。科学的な知見に基づいたナチュラル掃除を提案している。著書に『ナチュラル洗剤そうじ術』『ナチュラル洗剤で安・楽・早 ラクチンおそうじ虎の巻 保存版』(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)など。
https://ameblo.jp/naturalcleaning/