芸術の秋にチャレンジ 自宅にアートを飾ってみよう

芸術の秋です。
「お部屋に絵でも飾って、気分を変えてみようかしら?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、これまでに親しんだことがない方にとって、
アートの世界はわからないことがたくさんありそう。
今回は、そんな皆様が手軽にアートの世界へ入っていくためのアドバイスをご紹介します。

PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱

まずは「アートフェア」に行くのがおすすめまずは「アートフェア」に行くのがおすすめ

お部屋に絵を飾りたいと思っても、今までに絵を買ったことがなければ、どこで作品を探して買えばいいのか、どんな作品が買えるのか、いくらくらいで買えるのかなど、わからないことがたくさん出てくるでしょう。

その点について、アートの普及活動を行っている一般社団法人ノマドプロダクション代表理事の橋本誠氏に伺ってみました。

「初めて絵を買ってみたいと思う方は、最初は『アートフェア』に行って色々な絵を見てみるのがよいですね」(橋本氏)

「アートフェア」とは、多くのギャラリー(画廊)が集まって、アート作品の展示・即売をする見本市です。日本最大のアートフェアである「アートフェア東京」の場合、例年150店程度のギャラリーが出展し、5万人以上の来場者があります。会場は東京国際フォーラムのオープンなイベントスペースなので、気軽に足を運びやすい場所です。

「アートフェア東京」以外にも、大阪、名古屋、福岡、札幌などで大きなアートフェアが毎年開催されています。また、もっと小規模のフェアも各地で随時開催されていますので、近所でそういったイベントがあれば訪れてみるのもよいでしょう。

ギャラリーの人に教えてもらおうギャラリーの人に教えてもらおう

ところで、アートフェアには、絵の知識がまったくない「素人」がいきなり行っても大丈夫なのでしょうか?

「そもそも、アートフェアは多くの人にアートを知ってもらうことを目的に開催されます。そこに出展しているギャラリーも、新しいお客さんに来ていただくことを目的にしていることが多いので、歓迎してくれます」(橋本氏)

まずはフェアを見て回って、ピンとくる作品があったら、「この絵と似ている雰囲気で、もう少し小さいサイズの作品はありませんか」とか、「この作家さんの作品は他にありませんか」など、気軽にギャラリーのスタッフの方に話しかけてみるといいでしょう。

感じのいいギャラリーの方がいたら、お店の場所などを聞いておき後日訪問してみると、ぐっと親しくなりアドバイスなどももらえるでしょう。

ネット通販やレンタルという手もネット通販やレンタルという手も

「アートフェアやギャラリーに行くのはちょっと敷居が高いかも」という方は、ネット通販で作品を購入したり、レンタルで借りたりすることもできます。

もっとも有名なのは現代美術専門の「タグボート」というサイトです。このサイト自体が絵を所有・販売しているわけではなく、絵を売りたいギャラリーが出店している、いわばショッピングモールに近いサイトです。登録しているギャラリーは国内外で50店以上あり、多くの作品が出品されています。

また、(株)寺田倉庫が主催している「BAZART」というサイトでは、作品のオンライン販売に加えて、レンタルも行っています。レンタル料金は基本的に月1,300円とお手軽な価格で、試しに借りてみたくなります。

「アート作品は、ギャラリーで見たときには良いと思ったけど、実際に部屋に飾ってみたら『思っていたイメージとはちょっと違った』ということもありますので、レンタルして飾ってみると、お部屋と合うかどうかを気軽に確かめられます」(橋本氏)

作品はいくらくらい? 手軽な楽しみ方は?作品はいくらくらい? 手軽な楽しみ方は?

アート作品で難しいのは、値段です。価格については「作家さんのキャリアが長く、知名度が上がるほど高くなります。また、油絵や彫刻などのオリジナル(一点もの)は高く、プリントやリトグラフ(版画の一種)のように複製されたものは安くなります」(橋本氏)とのことです。

まだあまり有名ではない若手作家の作品の場合、一点ものでも数万円で購入できる場合もあるとのことなので、そういったものを探してみる楽しみもあります。

「また、あまり予算をかけずにアートを手軽に楽しみたい場合は、ポストカードサイズのプリントを買ってみるのも手です」(橋本氏)だそうです。

ポストカードサイズの作品であれば、数千円で買えるものもあります。それを、雑貨店で売っているフォトスタンドで飾ったり、場合によっては、そのままコルクボードなどに貼り付けたりしても、かわいい感じになります。

「デスクやサイドボードなどに、家族の写真を飾っている方も多いと思いますが、そういった写真と並べてポストカードサイズのアート作品を飾るのは、とても日本的で素敵な楽しみ方だと思います」(橋本氏)

そんな楽しみ方ならすぐにでもできそうですね。

買った作品がいらなくなったら?買った作品がいらなくなったら?

一点もののオリジナル作品の場合、もし後から好みが変わったりして不要になったら、買ったギャラリーに相談すれば引き取ってもらえることもあるようです。値段がつくかつかないかなどは、その時の状況などにもよるので一概には言えませんが、そういうアフターフォローの面も含めて、ギャラリーと親しくなっておくことは、メリットがあります。

ちなみに買った当時は若く無名な作家が、時間が経って有名になれば、買った時よりも高く売れる可能性もあります。アート作品のオークションに出品して売ったりすることも、あながち夢ではないようです。

取材協力:橋本誠氏

一般社団法人ノマドプロダクション代表理事。ノマドプロダクションは、アートプロジェクトに関わるプロデューサーやマネージャー、エディターなどを中心としたネットワークにより組織されている一般社団法人。地域や形態を問わず、多彩なプロジェクトの企画・提案/制作・運営や、それらの体験価値を伝える広報ツールやドキュメントの編集・制作などを手がけている
http://nomadpro.jp/