この夏、山登りにチャレンジしてみませんか?山登り入門に必要なグッズを紹介

8月11日は「山の日」。
山登りは一時のブームを経て、国民的なレジャーの1つとしてすっかり定着しています。
汗を流しながら自分の足で一歩一歩登っていくのは大変ですが、山頂から眺める風景や、そこで楽しむお茶や食事は特別な味わいです。

「興味はあるけど、始めるきっかけがなかった」という方もこの記事をきっかけに、山の日の連休や夏休みを利用して山登りにトライしてみてはいかがでしょうか。

PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱
町と違い、山にはなにかトラブルが起きたときにすぐに駆け込める場所はありませんので、しっかりした装備を用意しましょう。

今回は装備品の中でも特に重要で、新規に用意しなければならない人が多い
「シューズ」「レインウェア」「バックパック」を中心に、
どんなものを用意すればよいのかを、アウトドア専門店の販売員の方に教えていただきました。

トレッキングシューズの選び方

ビジネスシューズやパンプスで山に行こうと思う人はいないでしょうけど、「ジョギングシューズやスニーカーではだめなの?」と思う方はいるかもしれません。

その理由を、シューズ担当の根元さんが教えてくれました。

「山道は石や木の根などでデコボコしており、しかも急傾斜です。そのため、特に急傾斜の下り坂では、足首をひねってしまうことがよくあります。そのときにジョギングシューズだと捻挫をしやすいのですが、しっかりしたトレッキングシューズなら、捻挫のリスクを軽減してくれます。」

傾斜があまりないなだらかな道だけを歩くハイキングなら、ローカットのハイキングシューズでもいいのですが、山歩きでは、捻挫を予防するためにも足首までカバーするハイカットのトレッキングシューズを用意した方が良さそうですね。

また、トレッキングシューズは底が厚くて堅いことも特徴ですが、それによって地面の凹凸から足底を保護し、足が疲れにくいという効果もあるそうです。

シューズの買い方

シューズを購入する際は、店員さんにサイズ計測をしてもらうことが大切です。できれば足の全長だけではなく、周囲も測ってもらいましょう。

「自分では足が“幅広”だと思っている人が多いのですが、実際に測ってみると足幅が狭かったということがよくあります。そういう方が幅広の靴を選んでしまうと、靴の中で足が動いてしまい、つま先を痛めたり靴ずれ等トラブルの原因になります。」

大人であれば、一度計測しておけばサイズが大きく変わることは少ないので、お店で一度測ってみてもらい、サイズをメモしておくといいですね。

そして、必ず両足ともに試着して、店内をしばらく歩いてみましょう。アウトドア専門店には、坂道や岩を模した場所が用意されていることがありますので、そういうところがあれば利用して履き心地を確かめます。

なお、トレッキングシューズの価格の目安は15,000円~程度です。

バックパック(ザック)の選び方

バックパックは開口部の形によって、大きく2種類にわけることができます。ジッパーで背面を大きく開けるデイパックタイプと、巾着型になっている上部の開口部を紐で締め、その上に雨蓋をかぶせる雨蓋タイプです。

デイパックタイプの特徴

比較的小さなサイズのバックパックになります。手軽なジッパー方式で、開口部が大きく開くため荷物の出し入れが簡単です。大げさな感じがしないので、街での普段使いも可能。値段が比較的安いことも魅力です。

雨蓋タイプの特徴

比較的大きなサイズのバックパックに多いタイプです。出し入れは少し面倒ですが、容量の調整幅が大きく、少ない荷物でも多い荷物でも安定して背負うことができます。しっかりしたウエストベルトがついているものが多く、重い荷物でも楽に背負えます。また、レインカバーが内蔵されているものも多くあります。値段はデイパックタイプと比べると高めです。

「日帰りでの登山であれば、デイパックタイプのものでも大きさが25~30リットルのものを選べば困ることはありません。もちろん、将来、山小屋泊まりなどもしてみたいとお考えなら、最初から40リットル程度の雨蓋タイプのものを選んでおくと、後で買い直す必要がありません。」(バック担当:小松さん)

バックパックの買い方

バックパックも、中型以上のタイプはS/M/Lなどのサイズがあります。また、ウエストベルトのフィット感などは体型によっても異なります。専門店で店員さんにアドバイスをもらいながら、試着して選ぶのがよいでしょう。


●豆知識

「バックパック」「リュックサック」「ザック」…。背中に背負えるバックには、さまざまな呼び方があります。ちなみに、バックパックは英語で、リュックサックはドイツ語。そして、ザックは、「リュックサック」の「サック」の部分を縮めた、日本独自の呼び方です。

レインウェアの選び方

山は天気が変わりやすく、天気予報が外れることもよくあります。そのため、予報が晴れでも雨具は絶対に持参しましょう。坂道を長時間歩いて疲れているときに体がびしょ濡れになると、生命に危険が及ぶこともあります。また、レインウェアはウインドブレーカーの代わりにもなりますので、雨が降らなくても活躍します。

そして、登山で使う雨具は、「上下がセパレートになったタイプ」で、「透湿素材(内部の湿気を外に逃がす素材)」を使ったものが必要です。普段使っている傘やレインコートではどうしてダメなのか、ウェア売り場の小木曽さんに聞きました。

「登山道の中には急な傾斜で手を使って登らなければならないところもありますし、また、雨のときは滑りやすいのでスリップして転んだりすることもあります。そういうときに、傘を手で持っていると危険です。ロングのレインコートも動きにくいですし、強風の時は横や下から雨が吹き込むことがあります。そこで、上下セパレートのレインウェアが必要です」

また、ただのビニール製のレインウェアだと、外からの雨は防げますが、内部の汗を外に逃がすことができません。登山中は大量に汗をかくので、汗で服がびしょびしょになってしまい、いつまでも乾かないのです。これも、休憩中に体を冷やすことになり危険。だから「透湿素材」のウェアが必要なのですね。

レインウェアの買い方

普通の服と同じようにS/M/Lなどのサイズがあります。サイズ感は普段着ている服よりワンサイズ大きめがオススメ。できれば試着をした方がいいでしょう。

その他の必要品

ウェア

化繊の「速乾素材」のものであることが必須です。綿のジーンズなどは、濡れると乾きにくいため山には向きません。特にアンダーウェアは、絶対に速乾素材のものにしましょう。特にウール素材がオススメです。

ヘッドランプ

ヘッドランプ(頭につけることができる電灯)は、日帰りの場合こそ必需品です。「思ったより時間がかかって下山が遅くなってしまった」というときに、ランプがないと道に迷ってしまうかもしれません。

日焼け対策品

夏の高所は紫外線がとても強いので、帽子やアームカバーなどの日焼け防止策は必須です。また虫が寄ってくることもあるので、なるべく肌を露出しないようにすることが大切です。

取材協力L-Breath(エルブレス)
御茶ノ水店

こだわりのアウトドア用品を取り揃えた
ファッション感覚にあふれた、アウトドア専門店です。
http://www.victoria.co.jp/l-breath/