ジメジメした梅雨の季節 お部屋の湿気・カビを防いで快適に暮らしましょう

ジメジメとうっとうしい日が続く梅雨がやってきます。
この時期はお部屋の中が湿気って不快になりやすく、
またカビも生えやすくなります。
そこで今回は、住まいの湿気とカビの対策をご紹介します。

PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱

湿気対策は換気が基本

湿気対策の基本は、家の中に湿気を入れないことです。
雨の日はドアや窓の開け閉めをなるべく控えて、湿気の侵入を防ぎましょう。

また、意外と忘れているのが、吸気口の存在。どのお家にも必ず、開け閉めできる吸気口があります。雨の日はこの吸気口を閉め、そして梅雨の合間の晴れの日には開けて換気をしましょう。

押し入れやクローゼット、靴箱などの収納スペースは湿気がこもりやすい場所なので閉めっぱなしだとどうしても湿気が溜まり、カビが生えやすくなります。これらのスペースは出来れば1日1回は開けて、空気を入れ換えましょう。

また、収納スペースには市販の除湿剤を使うのも効果的です。除湿剤がない場合は読み終えた新聞紙を敷いたり、丸めて置いたりしておくだけでも、多少の効果があります。

エアコン・空気清浄機の使い方のポイント

より効果的にお部屋の湿気を取り除きたい場合はエアコンのドライ機能や、空気清浄機を利用しましょう。

エアコンのドライには除湿効果があり、空気清浄機は空気中に漂っているカビを除去することができます。この2つを同時に利用することで、湿気、カビの発生も抑えることができます。

その際、エアコンの風の通り道に空気清浄機を置くと、エアコンから出た風を空気清浄機が取り込み、きれいな空気を排出し空気を循環させることができます。

また、ドライや冷房を利用しているとエアコンは結露しやすく、機械内部のカビの発生につながるので予防するために、ドライや冷房の利用後に「送風」を使うとよいでしょう。

例えば、ドライや冷房を使った後、出掛ける時にはタイマーで30分程送風にしておく、というような使い方です。こうすることで、機械内部の結露を予防できます。

ただし結露は完全に防ぐことはできませんので、環境によっては機械自体にカビが生えてしまうことがあります。もし使っていて異臭がするようであれば、カビが生えている可能性がありますので、専門業者に依頼して点検してもらった方がいいでしょう。

年に1回はプロに点検・清掃をしてもらうと、機械の寿命を延ばす上でもベストです。エアコンの場合は冷房で結露しやすいので、夏の後に点検してもらうといいでしょう。

もちろん、エアコン、空気清浄機ともに、フィルターは定期的な清掃が必要です。

一番の湿気エリア、バスルームのお手入れ

湿気が多い時には、カビの発生にも注意が必要です。一般的に住まいによく発生するのは、黒カビ(クロカビ)です。この黒カビは、湿度が高く、温度が20~30度程度の場所で、「えさ」となる養分があるときに発生します。

この条件にぴったり当てはまるのが、梅雨時期の浴室です。私たちが体を洗ったり洗髪したりする際、石けんの泡などの飛沫が浴室の壁や天井についてしまいます。これをそのまま放っておくと、浴槽からの湿気と合わさりすぐにカビが生えてきます。

そこで一日の最後に入浴した家族が、浴室の壁、天井を綺麗にしておくことをおすすめします。

シャワーで壁や天井にお湯をかけて石けんカスを洗い流し、その後水分を拭き取ります。

その際、窓掃除などに使われる「スクイージー(水切りワイパー)」と「吸水タオル」を使うのがポイント! まずスクイージーでざっと水気を切り、吸水タオルで拭き上げれば完璧です。毎回拭くのが大変であれば、どちらかだけでも効果はあります。

スクイージーや吸水タオルは、ホームセンターで色々なタイプが売っていますので、使いやすいものを選びましょう。

まとめ

日々のちょっとした工夫と手間で、湿気やカビは防げます。カビがたくさん生えると、見た目が悪いだけでなく健康への害もありますので、湿気を防止して梅雨を快適に乗り切ってください。

講師:伊藤扶美子さん

家事代行サービス大手、ミッシェル・ホームサービス株式会社勤務。同社はワンランク上の“豊かな暮らし”を叶える、フルオーダーメイド型の家事代行サービスを提供している。同社が執筆した著書として『プロの凄腕お掃除 コツとワザ ぐうたらさんでもすぐできる!』(講談社の実用BOOK)がある。
https://www.michell-hs.co.jp/