お部屋の暖かさを逃がさず、暖房代も節約!簡単で効果が大きい「窓」の断熱対策

エアコンなどの暖房をつけていても、部屋がなかなか暖まらない、足元が冷える、と感じることはないでしょうか?そんな時は熱の逃げ口となる「窓」を見直せば、劇的な効果があるかもしれませんよ。

PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱

暖かさの半分は窓から逃げていく!

一般的に、室内の熱の48%は開口部(窓)から逃げていくと言われています。それは窓ガラスやサッシのアルミは壁や床と比べて、格段に熱が逃げやすい素材だからです。
逆に言うと、窓から熱が逃げることを防げば暖房の効率は大幅にアップし、省エネ・節約にもつながるというわけです。
ちなみに窓周りの断熱は、冬の寒さ対策だけではなく、夏の暑さ対策にも効果がありますよ。

(1)カーテンを交換するだけでも効果大!

窓を断熱するためのもっとも簡単な方法は、カーテンを断熱性の高い「断熱カーテン」「遮熱カーテン」などと呼ばれる製品に買い換えることです。カーテンレールがダブルで2枚のカーテンを掛けられる場合、両方を断熱性の高いものに替えると、さらに効果があります。

(2)カーテンのサイズに注意

カーテンを交換する場合は素材だけではなく、サイズ(幅、長さ)にも注意しましょう。いくらカーテン自体が断熱性に優れた素材であっても、床や壁との間に隙間ができてしまっては、その隙間から熱が逃げ冷気が入り込んでくるからです。
  • 最適なカーテンの長さは?

    カーテンの長さは床にちょうど着くくらいではなく、4~5cmほど余って下端が床に這うくらいあるのが最適です。冷たい空気は暖かい空気より重いので、カーテンと床との間に少しでも隙間があると、そこから冷気が入り込んできます。それを防ぐためには、下端が床に這うくらいがちょうどいいのです。
  • 横からの冷気を防ぐ「カーテンリターン」

    カーテンの両端と壁との間に隙間があると、そこからも熱が逃げます。そこで「カーテンリターン」と呼ばれる方法を取り入れましょう。少し幅に余裕のあるカーテンを内側(部屋側)のカーテンレールに取り付け、その一番端のフックを外側(窓側)のカーテンレールの端の金具に取り付けるのです。金具がついていないカーテンレールの場合、後から取り付けることもできます。

(3)いまあるカーテンを一工夫

カーテンの買い換えはしたくないという方は、いまあるカーテンを一工夫してみましょう。
  • 自分で布地を足してみる。

    今使っているカーテンが上に書いたような幅や長さに足りない場合、裁縫が好きな方ならカーテンに布地を付け足してしまうという手もあります。例えば下に布地を付け足して床に垂らすといったことです。また折角付け足すなら、カーテン全体に裏地をつけると、さらに断熱性が高くなります。
  • 市販の裏地やカーテンライナーを使う

    裁縫が苦手な方は、「カーテン裏地」「カーテンライナー」などの商品を使うのがよいでしょう。簡単に言えば窓との間に吊るすための布や、ビニールシートです。特にビニールシートのカーテンライナーは高い断熱効果があります。手間がかからず、またカーテンを買い換えることと比べればかなり安価にすむのがメリットです。

(4)手軽に断熱効果をプラスできる窓用断熱シート

カーテン対策とあわせて、窓ガラスそのものの断熱性を高める工夫を行うと、さらに効果的です。窓の断熱性を高める方法はいろいろありますが、もっとも手軽なのは市販の断熱フィルム断熱シートを貼ることです。
断熱シートは、用途・採光性能・貼り付け方(ガラスの種類)などによって、さまざまなタイプがあります。ご自宅の窓ガラスの種類などによって選びましょう。

【窓用断熱フィルムの種類】

用途

冬用、夏用、オールシーズン

採光性能

透明、半透明など

貼り方

(ガラスの種類)
水で貼る(平滑なガラス)
テープで貼る(曇りガラスなど)

(5)使い方は工夫次第。スタイロフォームに挑戦

さらに高度な断熱効果を求めるなら、「スタイロフォーム」で窓の一部を覆ってしまう方法があります。スタイロフォームとは、建築用の断熱材で発泡スチロールに似た感じの軽いボード(板)です。ホームセンターなどで購入できます。

スタイロフォームはもともと断熱用の建築資材だけに、断熱の性能はかなり高いものがあります。しかし断熱フィルムなどと違って、「窓用」として売っているものではなく、また光をまったく通しません。したがって設置にはそれぞれのお宅の窓の位置、形状などに応じた工夫が必要です。

例えば幅を窓枠の大きさに合わせてカットし、冷気が降りてこないように窓の下半分だけを覆うといった使い方ができるでしょう。なおスタイロフォームは本来見えないところで使用するものなので、見た目は建築素材そのままです。見た目を重視する場合は適しません。