ジメジメシーズンに負けない!ニオイを防ぐ部屋干し洗濯のポイント

6月の声を聞くと、すぐに梅雨の季節になりますね。雨が続くジメジメした日々、困るのが洗濯です。室内干しが続くと、せっかく洗った服やタオルに嫌な「ニオイ」が残ってしまうことも…。そこで今回は、「洗濯王子」としてテレビや雑誌で御活躍中の中村祐一さんに、嫌なニオイを残さない洗濯のコツについて教えていただきました。

PLANE LIFE 日常+アルファのKaica的ライフスタイルを提唱

まずは「ニオイ」の原因を知っておこう

そもそもどうして洗濯物から
嫌なニオイがするの?

洗濯をしたのに残る嫌なニオイの原因は「雑菌」です。洗濯をしても、衣類の繊維のすき間に残ってしまった人の汗や垢などから雑菌がどんどん増殖していき、ニオイの元になります。つまりニオイを防ぐためには、雑菌を増やさなければいいのです。

室内干しだと嫌なニオイが
しやすいのはどうして?

ずばり「乾きにくい」からです。衣類についた雑菌は、湿った状態が長く続くと繁殖しやすいのです。そのため、乾きにくい室内干しでは雑菌が繁殖しやすい=ニオイがしやすい、ということになります。

「ニオイ」を残さない「洗濯」のポイント

洗濯はお湯で

繊維に染みこんだ汗や垢などの汚れが雑菌のエサになります。まずはこれらの汚れをしっかり落としましょう。そのためのポイントは、水ではなく「お湯」で洗うことです。お湯で洗うことにより、汚れが軟らかくなって、落ちやすくなります。また洗剤も溶けやすくなり、洗う力が高くなります。とは言うものの、熱湯を使う必要はありません。お風呂の残り湯(35~40度程度)を使うことができればそれで十分です。
お風呂の残り湯が使えず、洗濯機に直接お湯を入れることもできない場合、洗濯前に大きめのバケツなどに洗濯物と洗剤、ぬるま湯を入れて、20~30分ほど浸けおきをしておくだけでもOKです。

お風呂の残り湯を使う際の注意点

前日に使った残り湯の場合、お湯自体に雑菌が増えているので、使わない方がいいでしょう。また前日のお湯ではなくても、何人もの家族が使い、「汚れているなあ」と感じるお湯もNGです。それに残り湯を使うのは「洗い」だけです。「すすぎ」はかならず水道水を使いましょう。

酸素系の漂白剤を使う

ニオイ対策には、普通の洗剤に加えて「酸素系の漂白剤」を使うことが効果大です。雑菌を取り除いてくれます。漂白剤には種類がありますが、普通は「酸素系」のものを使うのが良いでしょう。(商品名でいうと、「ワイドハイター」などです)。漂白剤には「塩素系」のものもあり、こちらの方が除菌力は強いのですが、色落ちや黄ばみの原因になることもあり、使い方が難しいので避けるのが無難です。また、酸素系の漂白剤でも多少は繊維に負担がかかるので、必要な時に必要な分だけ使うのが良いでしょう。

「ニオイ」を残さない「部屋干し」のポイント

部屋干しは「立体化」で乾きやすく

先にも書いたように、衣類が湿った状態が長く続くと雑菌が繁殖しやすくなります。洗濯後はすぐに干し、なるべく早く乾くようにしてあげることが、ニオイを防ぐ第2のポイントです。室内干しは、外で干すことに比べてどうしても乾きにくくなりますが、ちょっとの工夫で改善できます。コツの1つめは、洗濯物をなるべく「立体的」に干してあげることです。言い換えると、布が重なる部分を作らない=空気に触れる部分を増やしてあげることです。例を見てみましょう。

  • ハンガーを2本使って、Tシャツを立体的にしましょう。前身頃と背中に空間を作ってあげると、断然乾きやすくなります。

  • トレーナーやカットソーは、生地が重なるワキの部分が乾きにくくなります。たたでさえワキは汗がしみやすい場所なので、早く乾かしておきたいところ。そこで写真のように、ハンガーを2本使うワザで空気に触れやすくしてあげましょう。

  • シャツの襟は、本体生地と重ならないように立てておきましょう。

  • パンツなどポケットが多い服、ジーンズなどの厚い生地では縫い目が乾きにくくなるので、裏返して干せばこれらの部分が空気に触れて乾きやすくなります。

狭いところに干す場合は、衣類が重ならないように注意し、広いお部屋で干す場合は、隅ではなく中央で干すことができれば乾きやすいでしょう。

空気を動かすこと

コツの2つめは、部屋の空気を動かすことです。洗濯物の周りの湿気を含んだ空気が動かないと、乾きにくくなります。サーキュレーターや空気清浄機、あるいはエアコンの送風機能などを使って、常に少しでも空気が動いている状態を作ってあげると、断然乾きやすくなります。

講師紹介洗濯家 中村祐一さん

洗濯王子の愛称で呼ばれる、日本を代表する洗濯家。著書「幸せを呼ぶスマート洗濯」(ポプラ社)など。テレビ、雑誌等への出演、寄稿多数。洗濯、しみ抜き、アイロンなどを直接学べる洗濯教室「Sentaku Studio」を主催。