「ソサエティ5.0」、これからやってくる超スマート社会とは?

「ソサエティ5.0」とは?

イメージ

これまでの情報社会では、あふれる情報の中から自分達に必要な情報を見つけて分析、判断する作業が必要でした。これからの社会は通信技術の発達と膨大なデータを蓄積して処理する技術によって、全ての人とモノがつながり、様々な知識と情報が共有され新たな価値が生み出される時代になります。

情報社会(Society4.0)の次の社会「Society5.0」で実現される社会とは一体どのようなものなのでしょうか。今回は次世代の社会が「Society5.0」と呼ばれる理由とその仕組みを簡単にみてみましょう。

「Society5.0」は人類史上5番目の新しい社会

「Society5.0」とは、日本政府による科学技術政策の基本指針のひとつで、科学技術基本法に基づき、2016年から5年ごとに改定されている「第5期科学技術基本計画」で登場したキャッチフレーズです。

内閣府によると「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」と定義されています。
この定義ではイメージしにくいので、簡単に背景からみてみましょう。

5番目より前の社会って?

  • Society1.0

    狩猟社会
    一定の範囲内で活動し動植物の狩猟や採集を生活の基盤とする社会

  • Society2.0

    農耕社会
    農耕によって定住しやすく、そこから規範が生まれ共同体が形成される社会

  • Society3.0

    工業社会
    文明開化に始まり「産業革命」による製造業が盛んになる社会

  • Society4.0

    情報社会
    情報が諸資源と同等の価値を有し、それらを中心として機能する社会

これらの社会を経て「Society5.0」を要約すると下記がキーワードになります。

  • 「IoT(Internet of Things)」で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有
  • 「人工知能(AI)」により、必要な情報が必要な時に提供

例えば、ロボット産業や自動車産業と上記キーワ-ドとの結び付きによる社会の変革(イノベーション)を通じて、私たちが抱える問題を解決していこうとするものです。

下記は「Society5.0」で実現する社会の例を図にしたものです。

Society5.0

※ 内閣府HP「Society5.0」より

この図を分解して、もう少し具体的にみてみましょう。

「IoTで生まれる新たな価値」

イメージ

情報が溢れている中で、適切な情報の取捨選択は人間が行う作業のため、知識や情報の共有、連携が不十分という課題がありましたが、IoTによりその課題が解消され、情報や知識の組み合わせによる新たな価値が生まれることが期待されています。

「AIにより必要な情報が必要な時に提供」

イメージ

個人の行動パターンを分析して、その個人が解決したい問題などを同じような行動パターンを持つ膨大なデータから最適解を導き出すことが可能になってきます。

「イノベーションによりさまざまなニーズに対応できる」

イメージ

例えば、ドローンを遠隔操作して過疎地に荷物を届けたり、都市部にある総合病院などの専門医による遠隔診断を受けることができるなど、医療の分野でも医師不足の地域課題に対応することが可能になります。

「ロボットや自動走行車などの技術で人の可能性がひろがる」

イメージ

これまでの人力による荷物の輸送などや重労働な作業を自動化したり、ロボットによる介護、コミュニケーション、ホテルなどの受付業務など代替業務が増えることで、人間が他の創造的な仕事へ移行できるようになります。

逆にこれまで人間が行ってきた仕事がAIやロボットに置き換わることで、人間の仕事がなくなるということも現実化してくるでしょう。

しかし、国が目指すべき未来社会はこうした技術革新による経済の発展と社会の課題を解決する両立した「人間中心の社会」ですから、新しい社会の到来をよりよくとらえて、人間らしい生活と働き方を考え直す必要があるかもしれませんね。

時代は「第4次産業革命」?
諸外国は、次世代の社会をどう名付けている?

「産業革命」という言葉は歴史でもよく耳にした言葉ですが、実は現在の世界は「第4次産業革命」の真っ只中にいます。

第1次から4次を表にすると

革命 特徴
第1次産業革命 18世紀後半、蒸気・石炭を動力源とする軽工業中心の経済発展および社会構造の変革。イギリスで蒸気機関が発明され、工場制機械工業が幕開けとなった。
第2次産業革命 19世紀後半、電気・石油を新たな動力源とする重工業中心の経済発展および社会構造の変革。エジソンが電球などを発明したことや物流網の発展などが相まって、大量生産、大量輸送、大量消費の時代が到来。フォードのT型自動車は、第2次産業革命を代表する製品の1つといわれる。
第3次産業革命 20世紀後半、コンピューターなどの電子技術やロボット技術を活用したマイクロエレクトロニクス革命により、自動化が促進された。日本メーカーのエレクトロニクス製品や自動車産業の発展などが象徴的である。
第4次産業革命 2010年代現在、デジタル技術の進展と、あらゆるモノがインターネットにつながるloTの発展により、限界費用や取引費用の低減が進み、新たな経済発展や社会構造の変革を誘発すると議論される。

※ 総務省「第4次産業革命における産業構造分析とloT・AI等の進展に係る現状及び課題に関する調査研究」(平成29年)

日本は独自で「Society5.0」と名付けていますが、他の国々はどのような呼び方をしているのでしょうか。

  • ドイツ:「インダストリー4.0」

官民連携プロジェクトで、製造業のIoT化を通じて、産業機械・設備や生産プロセス自体をネットワーク化し、注文から出荷までをリアルタイムで管理するしくみを浸透させようとしています。ドイツは特に製造業が強く、輸出の8割を製造業で占めていることから「インダストリー4.0戦略」は、製造業の競争力の維持強化を目指す生産革命的な位置づけとして取り組まれています。日本も製造業が強い国としてこの「インダストリー4.0」の概念を日本の「Society5.0」に内包しています。

  • イギリス:「ハイ・バリュー・マニュファクチャリング」

loTに関する取り組みの中で、スマートシティやスマートグリッドなど、生活関連・エネルギー関連を中心とした、コンシューマー向けの産業分野に注力しつつ、産業分野で次世代製造業の基盤となる特定の技術分野において世界をリードする政策を展開しており、2030年までに30分野に増やす計画を掲げています。

  • 中国:「中国製造2025」

2049年の中華人民共和国建国100周年までに「世界の製造大国」としての地位を築くことを目標に掲げた取り組みで、いわば中国版「インダストリー4.0」といわれています。

  • アメリカ:「Smart America Challenge」

2013年に始まりIoT社会の実現に向けて取り組んでいます。ただ、進みすぎるイノベーションが既存産業へ与える影響の懸念もあり効果が出し切れていない状況です。

いかがでしたでしょうか。今回は「Society5.0」という国の掲げた次世代の社会構想を簡単に取り上げました。

この「Society5.0」は、様々な産業分野で取り組みが行われており、その分野に応じて細かな目標も掲げられています。全てを網羅するにはかなりのボリュームのため、またの機会に触れてみたいと思います。

大林新星和不動産では多彩な住まいを取り揃えていますので、「住まいのサイト」から気になる物件をぜひ見つけてください。

住まいのサイト

バックナンバー