現金がなくなる?キャッシュレス社会のお金の使い方

「キャッシュレス社会」とは?

イメージ

お店のレジでプリペイドカードで決済したり、ネットショッピング等でクレジットカードで欲しいものを購入したりすることが増え、現金で買い物する機会が徐々に減ってきたことにより、キャッシュ(現金)レスな暮らしの利便性を感じてきている方が増えてきたのではないでしょうか。

今回は、キャッシュレスの特徴を認識して、どんな場面で便利なのか、またキャッシュレス化社会とはどのようなものになるかイメージしてみましょう。

まず、キャッシュレスで買い物をするシーンを振り返ってみましょう。

「キャッシュレス」とは、現金を使わずに電子マネーやクレジットカードを利用して支払うことですね。その場合の支払うタイミングは3通りあります。

前払い
前もって買い物に使うお金を入金しておく方法です。
同時支払い
買い物をした時に預金口座からお金が引き出される方法です。
後払い
買い物をした後で決められた日に支払う方法です。

それぞれの支払いタイミングで代表的な買い物シーンを見てみましょう。

前払い
《プリペイドカード・電子マネー》

コンビニで買い物をする

イメージ

たとえば小銭で買えるくらいのお菓子をコンビニで買いたいとき、あらかじめ決められた金銭まで買い物ができるプリペイドカードを使えば、小銭を出す必要はありません。

ファストフード店で食事する

イメージ

ファストフード店で会計をするときなどに、事前にお金を入金した電子マネーを使えば、専用の機械にかざすだけで支払えます。急いでる時も、すぐに支払いができます。

同時支払い
《デビットカード》

お店で洋服を買う

イメージ

現金を用意しておくことなく、洋服のようにちょっと大きな買い物をしたいというときは、会計と同時に銀行口座から代金が引き落されるデビットカードが便利です。

後払い

クレジットカードでネットショッピングする

イメージ

ネットショッピングで買ったものを支払う場合に、クレジットカードを使えば、後日、あらかじめ決められた日に、自動的に銀行口座から引き落とす(支払う)ことができます。

音楽をダウンロードして購入する

イメージ

スマートフォンやパソコンで、音楽のデータをダウンロードした場合、その料金を、携帯電話の利用代金とまとめて支払うことができます。

キャッシュレスの決済方法を見てみましょう。

  • 「プリペイドカード」

プリペイドとは「前払い」という意味です。プリペイドカードは下記のような特徴があります。

  • カードにチャージした金額の範囲内で決済できる「前払い」方式
  • 審査や銀行口座振替の登録は不要
  • 支払方法は1回払いのみ

プリペイドカードは、チャージした金額内でしか利用できないため、使いすぎが心配な人や、ネットショッピングをしたいけれどクレジットカードを利用するのが不安な人に向いています。また、カードの紛失や盗難の際にも、チャージした金額以上の損害が出ることがないので安心です。

種類としては、大きく分けて下記の分類が出来ます。

使い捨てタイプ

コンビニで購入できるプリペイドカードは基本的に使い切りタイプで、QUOカードなどが有名です。最近では、ゲーム・音楽・映像等のデジタルコンテンツの購入に使用できる「iTunes Card」や「LINEプリペイドカード」、ネットショッピングに使用できる「Amazonギフト券」等の種類も増えてきています。

繰り返し使えるタイプ

再チャージ可能なタイプにはさまざまな種類がありますが、特に生活にも馴染みのあるものは交通系ICカードではないでしょうか。定期として利用するだけでなく、プリペイドとして切符代が差し引かれ、ショッピングも可能なので非常に便利なカードの代表といえるでしょう。

以下の交通系ICカードのいずれか1枚を持っていれば、全国で相互利用が可能です。

交通系ICカード一覧

ICカードの名称 鉄道会社
Kitaca(キタカ) JR北海道
Suica(スイカ) JR東日本
PASMO(パスモ) 首都圏私鉄
TOICA(トイカ) JR東海
manaca(マナカ) 名古屋私鉄
ICカードの名称 鉄道会社
ICOCA(イコカ) JR西日本
PiTaPa(ピタパ)
※後払い方式
関西私鉄
SUGOCA(スゴカ) JR九州
nimoca(ニモカ) 西日本鉄道
はやかけん 福岡市交通局
クレジットカード一体型タイプ

クレジット機能が付いた一体型カードですが、例えば上記の交通系でもクレジット機能がついたものもあります。そのクレジット機能でチャージもできるので便利です。

  • 「クレジットカード」

利用金額に応じたポイント還元や付帯保険などの特典・サービスが充実しています。カード発行会社が定めている条件に該当すれば、カードの不正利用時の損失も補償されます。

クレジットカードは下記のような特徴があります。

  • 申込時に設定した利用限度額の範囲内で決済できる「後払い」方式
  • 審査や銀行口座振替の登録が必要
  • 支払方法は、一括・分割・ボーナス・リボルビング払いなどから選択ができる
  • 「デビットカード」

口座残高の範囲内でしか決済できないため、使いすぎることがないという点があります。現金払いに近い感覚で利用できます。

デビットカードは下記のような特徴があります。

  • カード利用時に、利用代金が銀行口座から直接引き落とされる「即時引き落とし」方式
  • カードを発行している金融機関での口座開設が必要
  • 支払方法は1回払いのみ

日本はキャッシュレス後進国?先進国と比較すると…

日本ではまだ現金主義の方も多く、他国と比べるとキャッシュレス後進国といえます。
下記のグラフは、硬貨・紙幣流通残高の名目GDP比です。これを見ると、どれだけ現金の利用を行っているか見てとれます。

現金流通残高の対名目GDP比率と額面金額別の内訳

日本が他の国と比べてダントツに現金を扱っていることが分かりますね。
まだまだキャッシュレス後進国といわれても仕方がありません。

キャッシュレス先進国はスウェーデン

イメージ

スウェーデンは現金がほとんど使われず、さらに「現金お断り」のショップや飲食店が増え、交通機関はほぼカードのみでキャッシュレス率が98%という国です。(ちなみに日本は約18%程度です)

主な決済手段は、クレジットカードや「Swish(スウィッシュ)」と呼ばれるスマホのモバイル決済アプリです。「Swish」はスウェーデンの6つの主要銀行が共同開発した決済システムで、携帯電話の番号と個人認証だけで自分の銀行口座から直接買い物や飲食などの支払いができ、口座間の送金も簡単。利用金額は即座に銀行口座に反映されます。2012年にサービスが開始され、今では国民の半数以上が「Swish」を利用しているといわれています。

キャッシュレス化が進む理由

キャッシュレス化が進む理由としては下記のようなことが考えられます。

  • お金そのものの製造コストが抑えられる
  • 現金を持つことによる犯罪リスクが減り、治安が向上する
  • 売上や支払いを現金で行うことによる業務管理コストの軽減ができるので企業や店舗の運営効率化が図られる
  • 現金の流通経路や経理上の不透明さがなくなる

日本でも「現金お断り」レストランが登場!?

先日、日本でも決済が「現金お断り」というレストランがオープンしました。
※「ロイヤルホスト」などファミリーレストランを展開するロイヤルホールディングスによる「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」

ITの活用を通じて業務の作業軽減と店舗運営の効率化を図り、働き方改革を目指す次世代の店舗運営の試験的なオープンということのようです。

先に紹介しましたスウェーデンでは、このような店舗がほとんどで、現金を扱わない店舗には優遇措置を与えるなど政策面でもキャッシュレスを促進しています。

日本でも2020年までにキャッシュレス化を推進する政策プロジェクトがありますので、うまく効果が出てきた場合には、今後このような店舗が増えてくるでしょう。

いかがでしたでしょうか。今回はキャッシュレスの特徴とキャッシュレス化社会のイメージを他の先進国を例にご紹介しました。これからは、パソコンやスマートフォンが主な決済手段となり、実際に紙幣や硬貨を見たり手にすることがなくなるかもしれませんね。

大林新星和不動産では、ご家族の幸せな暮らしの価値づくりをご提案するたくさんの住まいを取り揃えております。ぜひ、下の「住まいのサイト」からお気に入りの物件を見つけてください。

住まいのサイト

バックナンバー