最近の「物価」はどうなっているの?「物価」の仕組みについて学んでみよう

今回は「物価」の仕組みを振り返り、現在行われている金融政策の目的も参考にして、「物価」の将来的な動きを知るきっかけにしてみましょう。

イメージ

まずは「物価」の仕組みについておさらい

物価(モノの値段)は、需要と供給のバランスによって決まります。

「買いたい」「欲しい」人が多くなると、商品は品薄になり価格が上昇します。
この状態が長く続くと「インフレ」経済になります。

イメージ

逆に「(お金がなくて)買えない」「特に買いたいモノがない」という人が多くなると、商品は余り、製造過多になり値崩れするなど価格が低下します。
この状態が長く続くと「デフレ」経済になります。

イメージ

「インフレ」「デフレ」ともに経済にとっては良い状態ではありません。
どのようなマイナス面があるか見てみましょう。

イメージ

日本の経済については「デフレスパイラル」の状態ということを耳にしますが、これはデフレの仕組みが循環してしまっている状態をいいます。

日銀が行っているデフレ対策ってどんなこと?

日銀はこの「デフレスパイラル」を断ち切るために、一定の物価上昇を目標として、その目標を達成するまで通貨の供給量を大幅に増やし円の価値を下げ、物価を上昇(=インフレを誘導)させようとしています。
よく「2%の物価上昇率」という数値が出てきますが、これが目標になっています。

なぜ「2%」なの?

物価の上昇率を「2%」に設定したのは下記の理由からのようです。

イメージ

物価を判断するデータとして「消費者物価指数」がありますが、このデータから物価を安定させる一つの指標として「2%」としています。
2%に設定することで、後からプラスマイナス1%など金利の調整がしやすくなることや、企業の賃金アップも物価の上昇に合わせて緩やかに行われやすいとする想定のようです。

世界のスタンダードに合わせたということのようですね。

※「なぜ「2%」の物価上昇を目指すのか(日本商工会議所における講演)」日本銀行より

ミニ知識 「消費者物価指数」について

消費者世帯が購入する商品とサービスの総合的な価格の動きを総合的に数値化したものです。
基準となる年を決めて、その基準年の価格と比べてどれぐらい物価が変化したかを調べるものです。

仮に基準年に、購入した総費用を500,000円として、100(消費者物価指数)とした時に、比較する年の購入総費用が510,000円だとすると、消費者物価指数は102%となり、基準時に比べて2%上昇したことになります。

この時、収入が同程度以上アップしていればよいのですが、変わらないとするといわゆる「デフレ」傾向となります。

さて、現在の物価について皆さんはどうお感じになっていますでしょうか。
最近、「生活意識に関するアンケ-ト調査」が行われましたのでご紹介します。

今の物価って、高い?低い?

現在の物価に対する実感調査データです。(現在を1年前と比べた実感になります)

現在を1年前と比べると

イメージ

1年前に比べ現在の物価は何%程度変化したと思うか

イメージ

6割以上の方が「上がった」と感じており、3%(中央値)程度物価が上がったと感じているようです。

将来の物価はどうなる

同アンケートにおいて、5年後には現在と比較して物価がどうなるかというデータも取られていますのでご紹介します。

5年後の見通し

イメージ

5年後の物価は現在と比べ毎年、平均何%程度変化すると思うか

イメージ

約8割の方が、さらに2%(中央値)程度物価が上がると感じているようですね。

「ビッグマック」で世界の物価が分かる?

食べたことのある方も多いと思いますが、マクドナルドのハンバーガー「ビッグマック」は、ほぼ全世界で同一品質のものが販売されています。

イメージ

販売単価は、それぞれの国ごとの原材料費や店舗の光熱費、労働賃金など、様々な要因を元に決定されています。そのため、各国のビックマックの単価は物価を比較できる一つの参考基準となっています。

2017年1月時点で発表されている例ですが、日本で買える1個(380円)の価格を基準にした時に、アメリカでは590円、中国では330円くらいとなっています。

※英国「エコノミスト」発表資料参考
http://www.economist.com/content/big-mac-index

いかがでしたでしょうか、今回は「物価」の仕組みのおさらいと日銀が行っている金融緩和政策との関連性など簡単に見てみました。スーパーの野菜の値段もさることながら、なぜ物価が上がるのかといったことを考えてみると、少し広い視点で「物価」のことを理解できそうですね。

大林新星和不動産では、さまざまなライフスタイルに応じた物件をご用意しています。ご家族の将来的なライフプランも一緒になってご相談を承ります。まずは、気になる物件を下の「住まいのサイト」から見つけてくださいね。

住まいのサイト

バックナンバー